Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

部品メーカー向けサプライチェーンソリューション

部品メーカーにおけるサプライチェーンの課題

多くの自動車部品メーカーが、グローバルでの拠点展開や部品の調達を実施していますが、CASE(コネクテッド、自動化、シェアリング、電動化)による自動車アーキテクチャーの変化により、より多岐にわたるサプライヤーとの連携が必要となっています。一方で新型コロナウイルス感染症の拡大、自然災害などの予測困難なリスクにより、工場の稼働やサプライヤーからの部品供給が停止するなどの問題が引き起こされ、グローバルサプライチェーンが分断し、顧客への製品納入が大幅に遅延するといった事態も発生しています。

自動車部品メーカーにとって、BCPの観点も踏まえたうえでの地政学・自然災害などのリスクを想定したグローバルサプライチェーンの管理、連携強化は喫緊の課題となっています。また課題への対処にあたっては、DXによって生産や物流の状況を高精度に可視化し、リスクへの迅速な対応、オペレーションの効率化を行うことが重要なテーマとなっています。

またサプライチェーンの最終段階にある補給ビジネスにおいては、自動車のシェアリング、サブスクリプションなどに対応したビジネスモデルの検討、価格政策の見直しによる利益向上などの取り組みを進める企業が増加しています。

PwCはサプライチェーンソリューションを通じ、調達から生産、物流、販売、アフターサービスにわたるプロセスの高度化を支援します。

1.工場IoTによる製造QCD(品質・コスト・納期)の可視化(Factory Digital Transformation:Factory DX)

CASE、SDGs、自然災害リスクなど、さまざまな変化に柔軟に対応するためには、判断の根拠となる情報が不可欠です。そのため工場においても、生産、物流などのオペレーションレベルでのデータ収集、可視化、改善のための仕組みの整備が必須となっています。今後もカーボンニュートラルなどの要求の高まりにより、現場におけるデータ取得、活用の重要性がさらに増すと考えられます。

ソリューションの特長

業務ニーズ(Business)、テクノロジー(Technology)をマッチングさせることにより、課題に応じた最適な工場IoTの仕組みづくりを支援します。また、簡易デモ(Experience)を通した構想立案により、実現した姿をより具体的に確認しながら、ステップ・バイ・ステップで要件を検討することが可能です。

2.製品情報管理体系(BOM・コード)の見直し(PLM:プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)

昨今、DXによる新規ビジネスの開発や業務効率化の取り組みが盛んです。しかし、BOM(Bill of Materials:部品表)・コードといった製造業の経営・オペレーションにおいて基盤となるデータが全社で統合管理されておらず、事業・地域・部門・業務ごとに分断されている場合、DXの恩恵を十分に享受することができません。一方でBOM・コードの統合は全社横断の取り組みであるため難度が高く、リードできる人材も限られることから、課題として認識されているものの取り組みが進んでいないケースが多く見られます。

ソリューションの特長

PwCは、これまでの部品メーカー支援の経験を通じ、PLM領域における変革のポイント、関連するKPI・データ・プロセス・システムのTo Be例、事例などについての知見を蓄積しています。これらに沿って将来像を検討することにより、難度の高い全社横断の取り組みにおいて、視点に漏れのない効率的な活動推進を実現します。また新システム導入検討の際には、特定のソリューションベンダーにしばられない最適なシステム選定を支援します。

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

入江 玲欧

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

渡辺 智宏

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

志保田 与

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email

黒木 健介

シニアマネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email