上野 史久

上野 史久

シニアマネージャー, PwC Japan有限責任監査法人

専門分野・担当業界

銀行・証券

略歴

2008年にあらた監査法人(当時)入所。2012年から2014年までPwCコンサルティング株式会社に出向し、グローバル企業の業務の効率化や金融機関動向分析、連結納税制度やIFRS導入に関するコンサルティング業務を経験。

帰任後、データガバナンス体制構築など各種アドバイザリー業務に従事するとともに、ERP会計システム移行に関するアドバイザリー業務および海外子会社の上流から下流までの業務システムの移行を主導。

2018年より法人全体のデジタルトランスフォーメーションを推進する部署に異動。AIやデジタルツールといったテクノロジーを用いた監査業務の変革に従事し、デジタルマーケティングや知財戦略の立案を含む多数のプロジェクトをリードする。2020年11月には、会計データを標準化し、自動照合するプラットフォームに関する特許「会計データ照合装置、会計データ照合方法及びプログラム」(特許第6796904号)、2021年3月には、会計仕訳検証システムに関する特許「分析装置、分析方法及びプログラム」(特許第6854047号)を取得。

技術や特許を保有する中小および中堅企業やスタートアップ企業のビジネス推進を支援するため、知財および無形資産に関するガバナンスの構築、IPランドスケープ、知的資本開示に係る業務に従事。また、プロボノ活動にも積極的に関与しており、地域復興支援として地方の個人や企業、社会貢献活動を行っているNPOに対して、会計や社内業務の効率化および高度化に係る支援を提供している。

資格

  • 公認会計士

Contact details

Email