アジア太平洋地域 金融サービス業界 M&Aに関する四半期アップデート 2020年第1四半期

2020-05-25

本レポートでは、アジア太平洋地域(APAC)の金融サービス業界における2020年第1四半期のM&A動向についてまとめています。

2020年第1四半期、APACの金融サービス業界におけるM&Aの件数は、前四半期比で26%減少しました。また、取引金額も前四半期比で53%減少し、2010年以来の低水準となりました。一方、2020年第1四半期は、長期的な成長を見込んだインドへの投資が後押しとなり、インバウンド取引の件数が前四半期比で24%増加しました。

しかし、アジア諸国間およびアウトバウンドの取引件数は、前四半期比でそれぞれ58%、43%減少しており、オーストラリアにおいて外国投資に対する規制が暫定的に強化されていることや、世界各国で渡航制限が導入されていることに鑑みると、クロスボーダー取引は今後、減速するものと考えられます。

※本レポートは、PwCメンバーファームが発行した「M&A quarterly update in Asia-Pacific's financial services sector - Q1 2020」を翻訳したものです。翻訳には正確を期しておりますが、英語版と解釈の相違がある場合は、英語版に依拠してください。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}