Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

シップファイナンス(船舶ファイナンス)の概要と想定されるリスク

2021-11-25

シップファイナンスは伝統的なファイナンス取引の一つである。しかし、取引のストラクチャーが複雑であり、外国法の対応や船舶特有のリスク対応が必要であるなど、実務上、留意すべき事項が多く存在することから、本稿ではその概要を簡単に紹介したい。

※本文は以下の構成となっています。

  1. シップファイナンスの必要性
  2. シップファイナンスの特殊性① 多様な公的規制の存在
  3. シップファイナンスの特殊性② シップファイナンスの概要
  4. シップファイナンスの特殊性③ リスク要因と各種担保契約
  5. シップファイナンスの特殊性④ 竣工前船舶に対するファイナンス

(全文は以下からご覧ください。)

「The Finance」2021年11月15日寄稿
PwC弁護士法人
弁護士 神鳥 智宏

※本稿は、The Finance 2021年11月15日に掲載された記事を転載したものです。

※本記事は、株式会社セミナーインフォの許諾を得て掲載しています。無断複製・転載はお控えください。

※法人名、役職などは掲載当時のものです。

執筆者

神鳥 智宏

パートナー, PwC弁護士法人

Email