PwC Network

世界に広がる
ネットワークを強みに、
組織を越えて
高付加価値サービスを生み出す

PwC税理士法人で働くということは、世界中で活躍する多様なプロフェッショナルとともに働くということを意味します。組織の垣根を越えた専門性に触れることで、成長の可能性も無限に広がります。

世界最大級のプロフェッショナルサービスネットワーク

PwCはクライアント企業や個人に高品質な監査、税務、アドバイザリーサービスを提供する、世界最大級のプロフェッショナル・サービス・ネットワークです。世界152カ国に328,000人以上の従業員(2022年8月末現在)を擁し、サービスを提供しています。PwC税理士法人はこのネットワークのメンバーファームの1つです。

PwCグローバルネットワークに属する各国メンバーファームは、そのナレッジやスキル、リソースを共有し合うことで、グローバルに業務を展開している企業に対して国際基準に則った高品質なサービスを提供しています。同時にPwCのネットワーク共通で定められている厳格な基準を守りながら、クライアントの業務内容、職業倫理、独立性、法令遵守などに関する品質管理、およびそのモニタリング活動を行っています。

PwC税理士法人もこのネットワークを通じて世界の最新情報や潮流をつかみ、海外拠点と協力しながらクライアントを支援しています。入社したメンバーは、グローバルで培われた知識やノウハウを身に付けながら、税務のプロフェッショナルを目指すことができます。

組織の垣根を越えた協働を実現

PwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称がPwC Japanグループです。各法人はそれぞれ独立した別法人として事業を行っており、監査およびアシュアランス、ディールアドバイザリー、コンサルティング、税務そして法務における卓越した専門性を結集し、有機的に協働しています。

こうした協働のカルチャーを、私たちはX-LoS(Cross Line of Services)と呼んでいます。このX-LoSという概念があるからこそ、私たちは部門や組織の垣根を越えて協働し、さらにはグローバルネットワークを通じて世界中のプロフェッショナルと協力してダイナミックに仕事を進めることが可能となっています。

PwC Japanグループが税理士、公認会計士、弁護士、その他従業員を合わせて9,400人以上を擁するプロフェッショナル・サービス・ネットワークとしてクライアントのニーズにきめ細かく対応したサービスを提供できているのも、このX-LoSのカルチャーがしっかりと根付いているためです。それは同時に、税務プロフェッショナルを目指す皆さんにとっても、ジャンルの枠を越えた高い専門性に触れ、常に新たな知見を吸収するチャンスに恵まれていることを意味します。

【プロ論】
結果を出し続ける人は、
なぜ「満足してしまう瞬間」がないのか

サッカー元日本代表の中村憲剛氏、PwCコンサルティング合同会社 代表執行役 CEOの大竹伸明、PwC税理士法人 代表の高島淳の3人が、「プロフェッショナルとしてのあり方」について議論した“X-Los”座談会をお届けします。

詳細はこちら(外部サイト)