PwCあらた基礎研究所

将来の監査業務に影響をもたらすと思われる経済・社会の基礎的な流れに関して独自の研究活動を行っています。

PwCあらた基礎研究所は、将来の監査法人業務に影響をもたらすと思われる経済・社会の基礎的な流れに関して「独自の研究活動を行う常設機関」として、PwCあらた有限責任監査法人の一部門として創設されました。これは、わが国における企業経営および資本市場全体の発展に積極的に貢献することが重要であるという観点に立って、行われたものです。

研究テーマ

PwCあらた基礎研究所は、現在の監査法人の日常業務および会計基準・監査基準等の設定プロセスの枠内では取り扱われない先端的なテーマについて中長期的視点に立った理論的かつ実務的な調査研究を行い、その成果に基づいて市場に対し今後提言を行っていきたいと考えています。

具体的には、「次世代の会計および監査」、「企業の事業継続性」、「企業情報に対する計量的アプローチの適用」の3点を主要研究テーマとして取り上げ、専門の大学教員の方々を招聘し研究を続けてきました。今後も引き続き、幅広い研究テーマに取り組んでいく予定です。

次世代の会計および監査に関する研究

当研究会は、金融資本市場のインフラである会計・監査に関し、中長期的視点で研究することを目的としています。会計・監査は、グローバリゼーション、経済社会構造の変化、テクノロジーの進展、監査人への期待の変化等によって、現在および将来にわたって大きな変革を迫られていると考えられます。研究会では、企業会計の変革について、連結、金融商品、退職給付、減損など個別事象に即して考えるのではなく、経済社会の構造変化の中でとらえ直すことを試みた上で、会計基準設定の基本的な考え方として「原則主義」と「細則主義」の問題や公正価値概念の本質等に関する検討や、近時における統合報告への国際的な潮流、さらに国際的な監査改革等について研究しています。

企業の事業継続性に関する研究

天災、サーズ、テロ等から企業活動を守る事や、早期復旧を図るための事業継続マネジメント(BCM)が重要となってきています。当研究会では、BCMの客観的な評価方法、それにかかる情報の望ましい共有化や開示のあり方、BCMに関する情報発信と企業価値との関係等多面的な研究を通じて、社会全体のBCMレベルの向上に資することを目指しています。研究会では、BCMが重要となってきた背景、BCMの評価に関する取り組み、企業の社会的責任と情報発信のあり方、企業価値との関連、BCMを担う人材育成などに関する検討を、理論面および実証面から行っています。

企業情報に対する計量的アプローチの適用に関する研究

企業が開示する情報は、さまざまな分析目的のために使用されています。本研究会では、応用統計学や人工知能論の分野で用いられている手法を、企業情報分析等へ適用することを検討しています。これにより、分析結果の客観的かつ科学的な裏づけを与えることが可能になると考えています。具体的には、探索的データ解析の立場からテキスト型データを解析する手法と手順を調査するとともに、新たな分析手法の開発と現実の企業ディクスロージャー誌に掲載されているテキスト型データへの応用を試みています。

活動報告

PwCあらた基礎研究所では、日々の研究成果を学会などで広く発表しています。


学会講演

2018年

  • 2018年7月20日
    東洋大学経営学部 監査論A「ビッグデータと監査ー会計ビッグデータとは何かー」
    東洋大学経営学部において、掲題にてPwCあらた基礎研究所の山口峰男が講義しました。
  • 2018年5月19日
    日本簿記学会第34回関西部会統一論題「会計ビッグデータがもたらす簿記・会計の未来」
    日本簿記学会第34回関西部会において、掲題の統一論題にてPwCあらた基礎研究所の山口 峰男が登壇し、報告および討論に参加しました。

2017年

  • 2017年9月3日
    国際会計研究学会第34回研究大会「国際化時代における情報技術の発展と会計構造基盤の変動~会計学に対するデータサイエンスからの知見~」
    国際会計研究学会第34回研究大会において、掲題にてPwCあらた基礎研究所の山口 峰男が登壇し、報告しました。
  • 2017年5月18日
    滋賀⼤学データサイエンス教育ワークショップ「高等教育におけるデータサイエンス教育の新たな展開」
    滋賀⼤学データサイエンス教育ワークショップにおいて、PwCあらた基礎研究所の山口 峰男、木村 章展が登壇し、報告しました。
  • 2017年3月15日
    滋賀大学第20回データサイエンスセミナー「Statistical Techniques for Analytical Review in Auditing(1)」
    滋賀大学第20回データサイエンスセミナーにおいて、PwCあらた基礎研究所の山口 峰男、木村 章展が登壇し、報告しました。

2016年

  • 2016年9月15日
    滋賀大学第10回データサイエンスセミナー「会計監査におけるデータアナリティクスの展望と求められる新しい人材」
    滋賀大学第10回データサイエンスセミナーにおいて、PwCあらた基礎研究所の山口 峰男、木村 章展が登壇し、報告しました。
  • 2016年8月28日
    国際会計研究学会第33回研究大会「データアナリティクスの新潮流と財務諸表監査」
    国際会計研究学会第33回研究大会において、掲題にてPwCあらた基礎研究所の山口 峰男が登壇し、報告しました。

2015年

  • 2015年10月3日
    国際会計研究学会第32回研究大会 シンポジウム「持続的成長時代の企業報告の意味するもの‐統合報告と証券市場・ビッグデータ時代の監査‐」
    国際会計研究学会第32回研究大会において、掲題にてシンポジウムを行い、PwCあらた基礎研究所の山口 峰男、木村 章展が登壇し、報告および討議しました。

2013年

  • 2013年11月20日
    同志社大学商学部 金融商品会計論「金融商品会計の最近の動向」
    同志社大学商学部において、掲題にてあらた基礎研究所の山口 峰男が講義しました。

実務家向け講演

2019年

  • 2019年5月29日
    PwCあらた Audit Committee Networkセミナー「企業開示を取巻く制度変化」
    PwCあらた Audit Committee Networkセミナーにおいて、掲題にてPwCあらた基礎研究所の野村 嘉浩主任研究員が講演しました。

2018年

  • 2018年12月10日~12日
    J-SUS審査人資格取得のための一般研修
    J-SUS(一般社団法人サステナビリティ情報審査協会)審査人資格取得のための一般研修において、PwCあらた基礎研究所の寺田 良二主任研究員が講師を務めました。
  • 2018年12月4日
    監査役懇話会「主要業績指標(KPI)を独自に発信して企業の意思を伝える」
    監査役等懇話会「おさえておきたい監査役等の実務2018 第1回」において、掲題にてPwCあらた基礎研究所の野村 嘉浩主任研究員が講演しました。
  • 2018年1月17日
    滋賀大学データサイエンス実践セミナー 第2回「判別と異常検知のための機械学習手法」
    滋賀大学が名古屋地区で掲題の実践セミナーを実施し、竹村 彰通データサイエンス学部長、笛田 薫同副学部長が登壇しました。開催にあたりPwCあらた有限責任監査法人が協力しました。

2017年

  • 2017年9月15日
    国立大学法人滋賀大学・PwCあらた有限責任監査法人共同セミナー「データサイエンスと次世代における会計監査」
    国立大学法人滋賀大学・PwCあらた有限責任監査法人共同セミナーを開催し、滋賀大学データサイエンス学部長 竹村 彰通教授、PwCあらた基礎研究所の山口 峰男、滋賀大学データサイエンス学部 齋藤 邦彦教授、同経済学部 宮西 賢次准教授、国際教養大学 鳥羽 至英客員教授(兼PwCあらた基礎研究所専門研究員)が登壇し、報告しました。
  • 2017年9月6日
    第10回PwCあらた監査役懇話会「データサイエンスから会計専門家の役割を考える~AIからブロックチェーンまで~」
    PwCあらた基礎研究所の山口 峰男が登壇し、報告しました。
  • 2017年2月14日
    おさえておきたい監査役の実務 浅春の会「ビッグデータ、AI技術を会計監査でどのように活用することができるか‐導入編」
    おさえておきたい監査役の実務 浅春の会において、滋賀大学データサイエンス教育研究センターセンター員 齋藤 邦彦教授が登壇し、講演しました。

2016年

  • 2016年2月2日
    セミナー「公認会計士の魅力と監査のあり方を考える~社会的な信頼を取り戻すために私たちが今すべきこと~」
    PwCあらた基礎研究所の山口 峰男が登壇し、パネルディスカッションに参加しました。

2013年

  • 2013年8月26日
    第2回コーポレート・レポーティング・セミナー「統合報告の現状と展望~世界の投資家と企業は統合報告にどのように向き合っているか?~」
    第2回コーポレート・レポーティング・セミナーを開催し、PwCあらた基礎研究所の安井 肇、山口 峰男が登壇しました。

メディア掲載

2019年

2018年

 

2017年

2016年

2015年

  • 2015年10月1日
    青山アカウンティング・レビュー第5号「統合報告の信頼性の確保に向けた国際的な動向」
    PwCあらた基礎研究所の山口 峰男が掲題の論文を執筆しました。

2013年

  • 2013年7月2日
    書籍 「備えるBCMから使えるBCMへ‐持続的な企業価値の創造に向けて‐」
    PwCあらた基礎研究所の大林 厚臣 専門研究員(慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)、渡辺 研司 専門研究員(名古屋工業大学大学院社会工学専攻教授)、加賀谷 哲之 専門研究員(一橋大学大学院商学研究科准教授)、安井 肇 所長、荒井 英夫 主任研究員、丹羽 一晃 主任研究員、辻 信行 主任研究員が掲題の書籍を執筆しました。

その他

  • 2018年11月6日
    WICI ジャパン「統合報告優良企業表彰審査」
    PwCあらた基礎研究所の野村嘉浩主任研究員がWICI ジャパン「統合報告優良企業表彰」審査委員会のメンバーとして、「統合報告優良企業表彰審査」に従事しました。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Contact us