山口 峰男

山口 峰男

所長, PwC Japan有限責任監査法人 基礎研究所

専門分野・担当業界

本邦監査法人唯一の基礎研究所の運営全般

「次世代の会計及び監査」をテーマとした広範な研究活動に従事

略歴

PwC Japan有限責任監査法人の基礎研究所 所長として、「次世代の会計及び監査」をテーマとした広範な研究活動に従事。大学卒業後、大手銀行において法人融資および本部主計業務に携わったのち、監査法人入所。主に金融機関向けの監査およびアドバイザリー業務に従事し、その後、品質管理本部(金融商品会計、開示、ナレッジマネジメント担当)、英国留学(日本公認会計士協会による大学院派遣)、グローバル教育研修部門(PwC英国にてIFRS金融商品会計の教材開発に従事)などを経て現在に至る。

国際会計研究学会個人会員

日本簿記学会正会員

MSc (Master of Science) in Law and Accounting

資格

  • 公認会計士
  • 日本証券アナリスト協会認定アナリスト

執筆

  • AIで士業は変わるか?【第1回】「ITイノベーションがもたらす専門職の役割の変化」(2018年 Profession Journal) 
  • 特別寄稿論文「企業会計の変化の4つの波と情報革命についての考察」(古賀智敏編著『会計研究の系譜と発展』 2019年 千倉書房)所収

学会報告

  • 日本簿記学会第34回関西部会にて統一論題報告 統一論題『会計ビッグデータがもたらす簿記・会計の未来』(2018年5月)

Contact details

Email