関税・貿易

輸出入を行う企業向けに、関税・貿易に係る支援を行います。FTA/EPAの活用(原産性判定含む)、輸出管理、データ分析を活用した関税削減策の提案や税関当局との協議など幅広くサポートします。

日系企業の関税管理をサポート

グローバルサプライチェーンを持つ日系企業にとって、関税は多大なコストになり得ます。法人税と違って課税標準は会社の利益ではなく仕入額であり、また消費税と違って仕入れ控除等は認められません。にもかかわらず、関税コストは看過されがちです。会社内に関税を統括する部門はなく、物流や経理などが片手間で対応するだけで、効率的な関税コストの管理を実行できていないケースが散見されます。そもそも関税をいくら払っているかさえ把握していない会社も多く見受けられます。

このような課題を持つ日系企業や外資系企業を対象に、関税評価、関税分類、FTA/EPA活用といった分野で豊富な経験に裏打ちされた支援を提供します。また、自社内で関税の効率的な管理が図れるような体制の構築サポートも提供しています。さらに、PwCでは日本および海外でのFTAにおける原産判定プロセスを自動化するソリューション「OriginCompliance(TM)」を開発しており、グローバルで展開しています。

関税マネジメントの重要性

FTA(自由貿易協定)・EPA(経済連携協定)
既存の協定に加え、RCEP等新たに締結・交渉されている貿易協定により、世界中で関税削減の可能性が広がっています。

輸出管理の厳格化
日韓間の相互通商措置、米国による経済制裁の拡大、各国による医療関連物品の輸出規制など、世界中で輸出管理が厳しくなっている傾向があります。

貿易コンプライアンスの重要性
世界の税関当局は貿易戦争やサプライチェーンの複雑化等を受けて輸出入者のコンプライアンス状況を厳しい目で見ています。

地政学リスクがもたらすサプライチェーンへの影響
米中等の貿易摩擦や新型コロナウイルス感染症の拡大により、企業はサプライチェーンの再考を求められています。

サービスの特長

グローバルネットワークを最大限に活用

世界各国に広がるPwCグローバルネットワークの関税専門家チームと緊密に連携し、現地の法令や税関当局の見解を踏まえた対策を提案します。

経験豊富なプロフェッショナル

関税関係法令の分析や税関当局との協議などの経験豊かな関税専門家がサポートします。

幅広い業界への対応

さまざまな業界をサポートしてきた実績から、各業界の特徴に適合した対策を提案します。

PwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

関税・貿易の最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

メディア掲載

PwC税理士法人のパートナー、ディレクター、リーダー他が執筆した記事をご紹介いたします。

税務に関するメディア掲載

寄稿記事

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集

主要メンバー

Robert Olson

ディレクター, PwC税理士法人

Email

芦野 大

シニアマネージャー, PwC税理士法人

Email