Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による税務業務変革支援

デジタルトランスフォーメーションにおける税務課題

デジタルトランスフォーメーションが進む現在、企業は税務分野において、インターネットビジネスにおけるグローバルレベルの課税体制の整備や、税務当局の税務情報データ化要請への対応など、さまざまな課題に直面しています。

税務分野における企業の課題

  • グローバルレベルの税制改正への対応
  • 海外進出に伴う管理スコープの拡大、タックスマネジメント・リスクマネジメントの重要性の増大
  • ボーダーレスな電子商取引の拡大
  • 税務情報に関する開示強化の要請
  • レピュテーションリスクへの対応
  • リアルタイムに入手可能なデータの増大、多種類化
  • コンプライアンスコストの削減
  • デジタルスキルを有する人材の育成

RPAは、AIを活用した業務の自動化であるインテリジェント・プロセス・オートメーション(IPA)の一種であり、作業工程をロボットが記憶することで、定型的な業務や反復作業を自動化します。RPAの導入で業務変革を行い、従業員をより高度な業務に配置することで、生産性の飛躍的な向上を図ることができます。

RPAの導入は今後の税務業務変革において重要な位置づけとなり、あらゆる面でインパクトを生み出します。RPAに対する従業員の反応を懸念する企業も多いなか、硬直化したオペレーションへRPAを導入し成功させるには、税務業務における組織体制や文化に変革を起こすことが必要です。

PwCは、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入により、税務業務の効率化や働き方改革を実現することで生産性の向上を可能にします。

サービスの特長

RPA対象業務プロセスの見直し

処理頻度の多い定型業務を洗い出し、RPAの導入効果が出やすい対象業務プロセスを決定し、業務の標準化支援をします。

RPA導入支援・運用サポート

RPAのバージョンアップなど、導入にあたり運用面も考慮したツール開発支援、研修、運用サポートにより、短期導入を支援します。

税務の要点を理解したサポート

税理士とエンジニアがセットでサポートしますので、技術的な側面だけでなく、税務上押さえるべきポイントも考慮したアドバイスが可能です。

税務業務プロセスとRPA

RPAを導入することにより、単純なマニュアル操作を要する作業、データ入力や突合というような反復作業は、大幅に時間を短縮し、効率を上げることができます。複数のソフトウェアやプロセスにまたがる作業の効率化にもRPAは効果的です。

PwCでは、税務業務を理解している税理士が業務のヒアリングを行い、プロセスの簡素化・標準化のサポートを行い、RPAの導入を容易にします。また、エンジニアとともにRPAの技術的な側面のアドバイスも行い、RPAによる税務業務の自動化・効率化をサポートします。導入に当たって重要となる、ユーザーの研修や運用メンテナンスについてもアドバイスします。

また、PwC社内でもAlteryx社とのパートナーシップを活かしRPAを数多く運用しており、実践的なアドバイスをすることが可能です。下図では税務業務をプロセス別のステップに分解していますが、反復が多いマニュアル作業はRPAの導入により効率化することが可能です。

税務業務におけるRPAの活用例

税務業務変革テクノロジーに関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

税務業務変革テクノロジーの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集