サプライチェーンへの影響分析

英国のEU離脱(ブレグジット)がもたらす間接税のサプライチェーンへの影響評価により、以下のことが可能になります。

  • 増分コスト分析
    さまざまなブレグジット後の想定シナリオ(ノルウェー型、スイス型、EU自由貿易型、WTO型など)ごとに、原材料や部品、完成品の関税および管理費の増加する可能性分析。
    • EUおよびその他の国・地域から英国への輸入
    • 英国からEUへの輸出
    • 英国から他の国・地域(the Rest of World “ROW”)への輸出
  • 代替調達先の決定サポート
    輸入品(原材料、部品、完成品)の代替調達先に関する意思決定をサポート。
  • オペレーションリスクの把握
    EUの流通/販売モデルにおいて想定されるオペレーショナルリスクの把握(遠距離販売モデルはまだ通用するのか、関税保税倉庫を継続できるか、代替モデルの用意が必要かなど)。
  • 新たなコンプライアンス要件の把握
    上級経理担当役員(SAO)制度下での新たなVAT登録や輸入税など、新たに追加される法規制上のコンプライアンス要件の把握。
  • ブレグジットによる影響を軽減
    経営陣、ステークホルダー、関税ブローカーおよび運送業者との協議を通して、事業の継続を担保しながら、ブレグジットの影響を十分に把握。

英国のEU離脱(ブレグジット)によるサプライチェーンの影響分析ツール

loading-player

Playback of this video is not currently available

ブレグジットは貴社ビジネスにどんな影響を与えるか?

ブレグジットは貴社ビジネスにどんな影響を与えるでしょう?

ブレグジットのプロセスは、英国が離脱の決定を正式にEUに通知してから最低2年間は続きます。この間、英国はEUおよびその他地域との協議を進め、貿易関係を規定します。

現在、英国はEUの一部であり、そこではモノやサービスの自由な動きが可能な他、EU以外の地域との自由貿易協定(FTA)も利用できます。EUのFTAが利用できなくなると、EU以外の地域との貿易はコストが増加する可能性があります。

ブレグジットの一環として英国とEUの間に関税上の国境ができる可能性が高く、そうなればモノの移動が輸出入として扱われます。つまり関税や輸入付加価値税(VAT)が発生し、これに伴う税関申告を提出して新たな関税上の国境を通過する必要が生じる結果、EUとの貿易コストが大幅に増加しかねません。

企業の製品コストが上がれば、収益性や競争力に影響する可能性があります。また、別の経営モデルや、関連する幅広い影響(人員配置の場所、システム、グループ内協定、調達、ガバナンス、直接的な税務プロファイルなど)について検討する必要が出てくるかもしれません。


なぜ今ブレグジットに備えた計画が必要なのか?

企業にとっては、自社のサプライチェーンを全て理解するのは容易ではありません。ブレグジットにより、国際貿易の環境はさらに複雑さを増すでしょう。

ブレグジットがビジネスに及ぼす間接税の影響を理解するには、自社のサプライチェーンモデルをよく知り、整理するのが効果的です。例えば、自社が何を売買しているか、どこから買い、どこへ売っているか、サプライチェーンの物流がどう機能しているか。影響分析の方法としては例えば、サプライチェーンモデルの上に関税および輸入付加価値税(VAT)の分析を重ね合わせ、ブレグジット交渉に起因するさまざまな貿易関係の影響を比較します。

こうした影響評価を行い、別の取引モデルや多面的なワークストリームの実行に必要な施策を特定するには、かなりの時間がかかるでしょう。

ブレグジットがもたらす間接税のサプライチェーンへの影響を評価することは、ブレグジット後の貿易環境へのスムーズな移行を通じてビジネスを管理するための重要な第一歩です。

サプライチェーンの影響分析ツール

PwCは取引製品、購入先、販売先、サプライチェーンロジスティクスの仕組みなど、EUサプライチェーンモデルをマッピングし離脱による影響分析のためのツールを独自に開発しました。

どのようなことができるのか?

これは、英国では税務当局から自社の物品取引および関税コードなどに関するデータを入手し、当該データおよびその他の自社内のデータを本分析ツールに取り込むことにより、サプライチェーンモデル上の関税と輸入VATの分析に加え、原材料や部品、完成品の移動に対する関税、輸入VAT、事務費用(税関申告書提出コスト)の影響額を分析することが可能です。またこれらを可視化することでオペレーションの最適な調達・共有・販売構造を分析することができます。なお本ツールでは、英国とEUとの取引のみならず、EU外との取引においても、EUが締結するFTA、EFTAが締結するFTAを比較することによる影響度分析も行うことができます。

可視化

貴社の輸入、輸出、EU域内移動について、事業運営モデルとサプライチェーンシナリオの全容を把握します。

可視化

変更管理

EU離脱に伴う変更が貴社の現在ないし将来のモデルに及ぼす影響をモデル化し、変更の結果を監視します。

変更管理