ファイナンス トランスフォーメーション

PwC Japanグループでは、ファイナンス機能の次世代型への転換を、組織・人材・テクノロジーの観点から支援します

ファイナンス機能を取り巻く環境変化

近年、企業を取り巻く経営環境の変化が加速しています。新たなビジネスモデルの台頭に伴い、産業を構成するエコシステムの崩壊や頻繁な規制変更といった不確実性が高まるとともに、ステークホルダーは多様化し、先進テクノロジーはさらなる発展を続けています。ファイナンス機能は、こうした変化を的確に捉えて経営のかじ取りをサポートする「ナビゲーター役」としての役割をより強く求められるようになりました。

今後、経営企画、および財務経理業務の約4割が自動化されることが見込まれます。ファイナンス機能は自らの役割や提供価値を再定義し、テクノロジーを効果的に活用しながらリソースシフトを実現できるかどうかという岐路に立たされています。

次世代型のファイナンス支援サービス

次世代型のファイナンス組織を実現するためには、ファイナンス機能が自らの役割と提供価値を抜本的に変革する「ファイナンス トランスフォーメーション」を行うことが求められます。PwC Japanグループでは、未来予測と実効性を両立した次世代型の経営管理・財務経理への進化を支援します。

ファイナンス トランスフォーメーションサービス

次世代ファイナンス機能の構想策定

将来のニーズや新たなデジタルテクノロジーを踏まえた次世代ファイナンスの設計

次世代ファイナンス人材の構想

次世代ファイナンス人材の構想

デジタル時代の新たな役割やスキル・ケイパビリティの定義とそれらの拡充に向けた中長期施策(採用、育成、キャリアパス)の構築

統合プランニング

中期計画や予算・フォーキャストと販売、生産、人材計画を一気通貫でつなぐ計画業務の再整備

デジタル経営情報

財務・非財務の情報源をつなぎ、セルフサービスBIやアナリティクスによる洞察の創出を促す経営情報の活用

業務プロセスの最適化/自動化の促進

RPA、チャットボット、プロセスマイニングなどのさまざまな自動化技術を活用したデジタルポートフォリオの整備と業務プロセスの改革

次世代コラボレーションプラットフォーム

ファイナンス機能内外の対話・協業を促すコラボレーションプラットフォームの構築


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

山本 仁一

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

駒井 祐太

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email