PwCとユニセフが協同で、世界の若者のアップスキリングを支援

2020-03-24

loading-player

Playback of this video is not currently available

教育とスキルのミスマッチという課題について、ユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォア(Henrietta Fore)氏と、PwCグローバル会長ボブ・モリッツ(Bob Moritz)が、ダボスで語りました。

世界の人材のアップスキリングが急務であることという共通認識のもと、協同の取り組みを開始します。