Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

「デジタルの日」に寄せて―History of Business Consultant

デジタルによって変わったコンサルタントの働き方

デジタルの進化がコンサルタントの業務に与えた影響

平成から令和と時代が流れる中で「デジタル」は目覚ましい進化を遂げ、私たちコンサルタントの業務にも大きな影響を与えています。本稿ではデジタル庁が今年初めて創設した「デジタルの日」(10月10、11日)に賛同する取り組みとして、コンサルタントの仕事がこの20年間でデジタルの力によりどのように変化したか、また20年後にはどのような変化をしているのか、そして時代が移っても変わらないものは何か、それぞれの時代で活躍するコンサルタント像をもとに考えます。

2001年のコンサルタント

20年前の2001年。コンサルティングファームに勤めているAさんは、どのような1日を過ごしていたのでしょうか。デジタルツールも働き方も現在とは全く異なる環境において、コンサルタントにとっての「デジタル」とはどのような存在で、オンとオフにどのような影響を与えていたのでしょうか。Aさんの1日を見ながら振り返ってみましょう。

詳細はこちら

2021年のコンサルタント

2021年現在、コンサルティングファームに勤めているBさんの1日は、どのような1日を過ごしているのでしょうか。リモートワークをはじめとする多様で柔軟な働き方を実現するためには、タスクの遂行、社内外とのコミュニケーションなど、あらゆる面でデジタルツールの活用が不可欠となります。デジタルツールがBさんの業務にどのように組み込まれ、また、Bさんのオンとオフの過ごし方にどのような影響を与えているのでしょうか。Bさんの1日を見てみましょう。

詳細はこちら

2041年のコンサルタント

20年後の未来、2041年のコンサルティングファームに勤めているCさん。一体どのような日々を過ごしているのでしょうか。これまでの技術の進歩の速さに鑑みると、2021年の現在では考えられないような新しい技術が生まれ、“現状では予測不能な世界”になっていることでしょう。

詳細はこちら

デジタルツールの進化で変わったこと。時代が変わっても、コンサルタントとして変わらないこと

仕事におけるデジタルツールの活用度合いや働き方・仕事の捉え方は、時代によって大きく異なります。しかし、どの時代のコンサルタントを見ても変わっていない部分があります。

詳細はこちら