創立20周年のご挨拶

2019年、おかげさまでPwC税理士法人は創立20周年を迎えることができました。改めてクライアントの皆様、そして日頃よりご支援いただいている皆様に心より厚く御礼申し上げます。

PwC税理士法人は、中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所(1984年発足)と、プライス ウオーターハウス税務事務所(1949年発足)が合併し、1999年にプライスウォーターハウスクーパース税務事務所として創立いたしました。創立以来、付加価値の高い税務のプロフェッショナルサービスを企業目線で提供することを意識し、クライアントの皆様に寄り添える国内最大級の税理士法人となるべく切磋琢磨して参りました。

いま、国際税務の環境に大きな波が押し寄せています。さらなるビジネスの拡大を目指し海外マーケットへの進出がより一層進むなか、日本企業を取り巻く国際税務の環境がより複雑な状況になっています。こうした厳しい環境の中で、PwC税理士法人は税務業界のリーディングファームたる自負を持ち、クライアントの成長をサポートするNo.1クライアント フレンドリー タックスアドバイザーとして、日本経済の発展に引き続き貢献して参る所存です。

PwCのPurposeである「Build trust in society and solve important problems-社会に信頼を構築し、重要な課題を解決する」を追求し、皆さんと共に進化を続けます。

今後とも、PwC税理士法人を宜しくお願いします。

PwC税理士法人
代表

CEO 宮川 和也

Contact us