Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

株式報酬制度に関する税務コンサルティング

報酬プランと株式交付方法に関する税務問題

株式を対価とする報酬制度は、日本の上場企業においても一般的になりつつあり、企業の経営理念や中期経営計画等を反映して、各企業でさまざまな制度が導入されています。ストックオプションに加え、譲渡制限付株式を含む株式そのものやファントムストックなど、対価として交付する資産も多様化しているほか、金銭報酬との組み合わせや報酬の支給時期などの観点からも制度設計が複雑化してします。これに伴って支給対象となる役員、使用人や支給する企業にとっての税務問題も多岐にわたるようになりました。

また、株式報酬制度導入時から実際に株式を交付するまでの期間、信託の仕組みを用いて将来交付する株式を管理する場合には、そのプラットフォームを提供する金融機関としても税務上の諸問題に対応する必要があります。

PwC税理士法人は、株式報酬制度の導入から、そのプラットフォームの提供に伴う制度設計、制度導入後の運用、制度見直し時における諸課題について、税務上の観点からサポートします。

サービスの特長

株式報酬に係る豊富な知識と経験

株式報酬に特有の税務に関する深い見識と、金融機関が行う制度設計のサポートを含む豊富な実務経験を有するプロフェッショナルがアドバイスします。

税務照会サポート

報酬制度導入に関する法令上の取扱いの明確化などについて国税当局に照会する際のサポートをします。

PwCネットワークとの連携

PwC Japanグループおよびグローバルネットワークのメンバーファームと連携し、海外における税務上の取扱いに関するアドバイスをはじめ、法律上の整理を踏まえて税務上の制度設計をサポートします。

株式報酬制度に関する税務コンサルティング概要
  • 報酬制度(ストックオプション、株式(譲渡制限付株式を含む)、業績連動報酬、ファントムストックなど)の種類に応じた、支給対象となる個人の課税関係に関するアドバイス
  • 金融機関が報酬制度のプラットフォームとして提供する信託などに関する課税上の取扱いに関するアドバイス
  • 報酬を支給する企業における法人税法上の損金性に関するアドバイス
  • グローバル企業が海外に駐在する役員および使用人に対して株式報酬を支給する場合の税務上の取扱いに関するアドバイス(駐在する現地国での課税、帰任時の取扱いなど)
  • 従来の報酬制度を切り替える場合の課税上の影響に関する分析
  • 海外親会社の株式報酬制度に基づいて日本の子会社などに勤務する役員、使用人に対して報酬を支給する場合の課税上の取扱いに関するアドバイス
実績
  • 譲渡制限付株式を用いた株式報酬制度導入時におけるサポート
  • 信託を用いた株式報酬制度に関する制度設計サポート
  • ストックオプションに関する報酬制度の変更時におけるサポート
  • 株式報酬プランに関する法人税法上の損金算入手続きに関するアドバイス

主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

金融ビジネスに関する税務サービスの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集