Credit funds and private debt in Asia Pacific ‐ A markets and tax tour around the region(アジア地域におけるローンファンド組成とクレジット投資)

2020-06-05

金融部ニュース
2020年6月5日

 

PwC発行物「Credit funds and private debt in Asia Pacific ‐ A markets and tax tour around the region」(アジア地域におけるローンファンド組成とクレジット投資)は、アジア地域におけるローンファンドやクレジット投資を取り巻くマーケット状況や税務上の取扱いについて、ローンファンド、クレジット投資ファンドを組成しようとされているインベストメントマネージャーやこれらファンドに投資を考えている方々に向けて、解説しています(英語のみ)。

本稿に掲載しているアジア8カ国のローンファンド、クレジット投資概況は以下のとおりです。

  • 日本:旺盛なアウトバウンド投資トレンド
  • 中国・インド・インドネシア:外資によるインバウンド投資対象としてのマーケット
  • 香港・シンガポール:中国や東南アジア地域への投資ハブとしての役割
  • ニュージーランド・オーストラリア:これまでは主に国内フォーカスの市場環境

各国での投資ストラクチャーや税務上の取扱い概況についても記載しており、ファンド組成や投資対象選定にあたって、地域やストラクチャーを検討する際にお役立ていただける資料となります。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Contact us