プロセスマイニングを用いた第2線・第3線のデジタルトランスフォーメーション支援

昨今のウィズコロナの環境下では、人の移動が制限されるため、対面での質問や観察を中心とした業務理解が困難になってきています。またビジネスの複雑化が進み、従来の定点観測型のモニタリングは限界を迎えています。

これらの時代変化に対応していくためには、従来の対話・支援型の内部監査のあり方を見直し、データによる業務の可視化というデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、「3つのディフェンスライン」のうちコンプライアンス・リスク管理部門などが担う「第2線」、内部監査部門が担う「第3線」の業務の高度化を図っていくことが急務です。

PwCは、データを用いて業務プロセスを可視化する技術である「プロセスマイニング」の導入を通じ、第2線・第3線のDX実現を支援します。

第2線:「点のモニタリング」から「線のモニタリング」への移行を実現するプロセスマイニング

従来の第2線の統制モニタリングは、「ある統制業務が実施されているか否か」という観点から取引を分析するのが主流でした。しかし、このような「点のモニタリング」では十分な分析ができない場合があります。

「適切な承認を得ているか」という観点から行う取引の「点のモニタリング」では、「承認を得ているか否か」という分析をすることが多くあります。しかし、承認を得ていたとしても、「事後の承認」や「自己承認」など、統制としての効果を発揮していない不適切な承認である可能性があります。点のモニタリングだけではこうした承認の適切性までを十分に把握することは困難です。

このような場合には、プロセス全体を踏まえた分析を行う「線のモニタリング」が有効です。「線のモニタリング」では、どのような流れで承認されたかを明確にして分析するため、「承認を得ているか否か」だけではなく「どのような承認なのか」という観点で取引をモニタリングできます。

プロセスマイニングを活用し、一連のプロセスデータを用いて分析を行うことで、「統制が想定通りの流れで適切に実施されているか」という「線」でのモニタリングが可能となります。

このように「点」から「線」のモニタリングに移行することで、「統制がない、もしくは統制が不十分で、リスクが高い取引」をあぶり出し、当該取引の実態評価により多くのリソースを費やすことができます。

第3線:全量データを用いたリモート業務把握の実現

これまでの内部監査では、監査対象拠点へ往査し、業務担当者への質問や実際の業務プロセスの観察を通じて業務把握を行っていました。しかし、従来の方法には次のような問題があります。

  • 業務担当者の認識の範囲に限られる(全ての例外プロセスを識別できない)
  • 観察では特定時点の業務のみしか理解できない
  • 現地に行かなければ業務の把握が難しい

一方、プロセスマイニングはデータを起点とした業務プロセスの可視化を行うため、客観的事実に基づいた業務把握と全量を対象とした分析ができる上、それらをリモートで実施することもできます。

プロセスマイニングを用いた「データドリブンなリモート業務把握」により、ウィズコロナ時代にも対応できる、品質の高い内部監査の実現が可能となります。

PwCのサービス

プロセスマイニングには多くの業務効率化の事例がありますが、業務のモニタリング・調査においても非常に有効です。

プロセスマイニングの導入にあたっては、データの準備・分析ロジックの検討・業務プロセスへの導入といったいくつかのステップを踏む必要があります。

PwCはプロセスマイニングを用いた第2線・第3線のDXを一貫して支援します。下図に例示するサービスのほか、業務の現場における課題を踏まえたさまざまな支援を提供します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

Tomorrow's audit, today――次世代監査への取り組み

PwCあらたは、市場をリードするプロフェッショナルのスキル、堅実な監査アプローチ、人工知能(AI)をはじめとするテクノロジーを融合した新時代の監査を通じて、デジタル社会に信頼を築くプロフェッショナルファームを目指します。

詳細はこちら