Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

Seeing is believing
――仮想空間(メタバース)ビジネスの未来を見る

VRとARは、ビジネスや経済をどのように変革していくのか

「Seeing is believing」と題した本レポートでは、2030年までに仮想現実(VR)と拡張現実(AR)が仮想空間(メタバース)での新規ビジネス展開をはじめどのような付加価値を経済にもたらすか、さらに、製造、ヘルスケア、エネルギー、小売、研修・能力開発といった分野にこれらの技術がもたらし得るメリットについて調査しています。

#SeeingIsBelieving

仮想世界に「浸る」準備をしましょう

新たな顧客体験の創造から製品開発の迅速化まで、VRとARは、メタバースにまつわるさまざまなビジネスチャンスを企業にもたらします。

読者の皆様がより多くのインサイトを得られるよう、本レポートにはAR(拡張現実)体験を組み込みました。レポート内のQRコードをお持ちのデバイスで読み取り、セキュアで新しいインサイトに満ちたAR映像をお楽しみください。「百聞は一見に如かず(Seeing is believing)」です。

「VRとARは2030年までに、世界経済を

押し上げる潜在力があります」
出所:PwC「Seeing is believing」(2019年)

VRとARがもたらし得る経済への影響

以下のデータエクスプローラーを操作してご覧ください

出所:PwC「Seeing is believing」(2019年)

※本コンテンツは、Seeing is believingを翻訳したものです。翻訳には正確を期しておりますが、英語版と解釈の相違がある場合は、英語版に依拠してください。

PwCグローバル

企業のためのメタバースビジネスインサイト

メタバースのビジネス動向や活用事例、活用する上での課題・アプローチなど、さまざまなトピックを連載で発信します。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

奥野 和弘

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

三治 信一朗

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

岩花 修平

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

小林 公樹

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

長嶋 孝之

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email