Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

海外現地法人が抱える移転価格の悩み(ドイツ)第1号: ヒトの取引 ― 費用対効果の観点から相互協議などの措置を採りにくい駐在員派遣取引

2022-06-24

本シリーズの第1号では、在ドイツ日系企業の皆様が直面している移転価格の課題を取り上げます。移転価格は現地法人・支店だけの問題ではなく、取引の相手方(例:日本の本社)にも影響が及ぶテーマです。本シリーズではドイツを念頭に解説を進めますが、その他の国・地域の現地法人・支店の多くが抱えているであろう課題を認識する機会としてもご活用ください。

事業を推進する際の経営資源として、「ヒト・モノ・カネ・情報」が挙げられます。そこで本シリーズでは、下記の構成で4回に分けて解説します。まず、本号では「ヒト」に着目し、移転価格の観点から解説します。

  1. はじめに
  2. 「ヒト」も移転価格の対象
  3. 駐在員派遣通達
  4. 寄附金と移転価格
  5. おわりに - 部門の垣根を越えた連携が不可欠

詳細はPDFファイルをご参照ください。

海外現地法人が抱える移転価格の悩み(ドイツ)第1号: ヒトの取引 ― 費用対効果の観点から相互協議等の措置を採りにくい駐在員派遣取引

執筆者

石神 則昭

シニアマネージャー, PwC税理士法人

Email

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}