次世代型需要予測が織りなす製造業/小売業の未来

売り切り型からサブスクリプション型へ、消費スタイルは「モノからコト」へ――。消費者のニーズが変化する昨今、製造業や小売業においては「製品の差別化」に加えて「サービスの差別化」が求められます。群雄割拠の様相を呈する同業界において選ばれる存在になるためには、データを活用した的確な需要予測が欠かせません。全てのオペレーションの起点と言える需要予測を高精度かつ多面的に行うことは、企業の競争力を維持・向上させる原動力となります。

データドリブン経営の中核を担うであろう「次世代型の需要予測」は、製造業・小売業をどう変え得るのか。最新技術を紹介しながら、そう遠くない未来を俯瞰します。

{{filterContent.facetedTitle}}