Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

持続可能なまちづくり

PwCは「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する(Build trust in society and solve important problems)」をPurpose(存在意義)として掲げています。

現在の日本では、総人口の減少、生産年齢人口比率の低下、高齢化といった問題が急速かつ同時に進行しています。

私たちはPurposeのもと、自治体の方々と協力してそれぞれの地域が抱える課題にアプローチしています。

【PwCのプロボノ活動】NPO法人おっちラボの活動支援

NPO法人おっちラボの山林活用事業に対するプロボノ活動の内容を紹介します。

詳細はこちら

【連載】自治体とともに目指す、サステナブルなまちづくり ~第1回 岩手県沿岸地域~

PwC Japanグループは、2014年に岩手県沿岸広域振興局と、東日本大震災からの復興に向けた協力体制を構築することに合意しました。持続可能な復興支援のあり方について、岩手県沿岸広域振興局局長の石川義晃氏と同グループパートナーの野口功一が意見を交わしました。

詳細はこちら

【連載】自治体とともに目指す、サステナブルなまちづくり ~第2回 千葉県柏市~

PwCあらた有限責任監査法人が行った千葉県柏市における新規事業創出・街づくりの支援について、柏市役所 経済産業部 理事の北村 崇史氏と同法人パートナーの辻 信行が語り合いました。

詳細はこちら

【連載】自治体とともに目指す、サステナブルなまちづくり ~第3回 宮城県女川町~

PwCコンサルティング合同会社が行った宮城県女川町における復興のメカニズムの可視化について関係者が振り返りながら、今後のまちづくりの可能性を考えました。

詳細はこちら

{{filterContent.facetedTitle}}