Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

NPOとともに目指す、サステナブルなまちづくり~ 島根県雲南市

2021-12-21

地域の持続可能性を支える担い手づくり

対談者

特定非営利活動法人 おっちラボ
代表理事 小俣 健三郎 氏
理事 白石 章二 氏

PwCコンサルティング合同会社
代表執行役 CEO 大竹 伸明
金融サービス事業部 シニアアソシエイト 伊藤 弘晃

(左から) PwC大竹、おっちラボ白石氏、おっちラボ小俣氏、PwC伊藤

(左から)PwC大竹、おっちラボ白石氏、おっちラボ小俣氏、PwC伊藤

人口減少が進みつつある日本では今、「地域社会の持続可能性をいかに⾼めるか」が大きな社会課題の1つになっています。PwCコンサルティング合同会社(以下、PwCコンサルティング)が、2020年9月から2021年8月末にかけて行った島根県雲南市でのプロボノ活動は、まさに「持続可能な地域社会づくり」において、企業にできることは何かを考える貴重な機会となりました。今回はPwCコンサルティングの大竹伸明と伊藤弘晃が、このプロボノ活動の協働相手であり、雲南市で人材育成や地域振興事業に取り組んでいるNPO法人おっちラボの小俣健三郎氏、白石章二氏と山々に囲まれた谷あいに佇む築150年の古民家でトークセッションを実施。今後地域社会が目指すべき将来像や、企業が社会課題の解決に臨む際のあり方などについて、意見を交わしました。

おっちラボ 白石氏

おっちラボ白石氏

PwC 大竹

PwC大竹