Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

移転価格文書化

移転価格文書化義務

平成28年度税制改正により、移転価格税制に係る文書化が法制化されました。日本の規定では、マスターファイル(事業概況報告事項)、CbCR(国別報告事項)については、直前会計年度の連結総収入金額1,000億円以上の多国籍企業グループが文書提出対象となります。

改正された租税特別措置法では、ローカルファイルについては、当該国外関連者との前事業年度の取引金額(受払合計)が50億円以上又は、当該国外関連者との前事業年度の無形資産取引金額(受払合計)が3億円以上の場合、確定申告書の提出期限までに作成する義務があります(同時文書化義務)※1。

調査においてローカルファイルの提示又は提出を求められた場合には、その日から45日以内の調査官の指定する日までに提示又は提出する必要があります。上記金額基準に満たない場合には同時文書化義務はありませんが、調査においてローカルファイルの提示又は提出を求められた場合には、その日から60日以内の調査官の指定する日までに提示又は提出する必要があります※2。提出要請に応じて提出できなかった場合、当局は推定課税・同業者調査を行うことができます。

PwC税理士法人は、移転価格ドキュメンテーション/文書化を支援します。

※1 作成が求められる文書の概要は下図1の通りです。
※2 それぞれの文書の作成要件等の詳細は下図2の通りです。

サービスの特長

適切なリスク評価

適切なリスク評価を行い、クライアントの移転価格リスクに応じた移転価格文書を作成します。

効率的な文書化

ITツールを利用した本社主導の統合的な文書管理(Global Core Documentation:GCD)を提案します。

日本・海外双方の観点

PwCグローバルネットワークのメンバーファームに各国における最新のルールおよび調査執行の実務を確認し、日本および海外の双方の観点から適切なBEPS文書を作成します。

十分な移転価格リスクの評価・分析をもとに移転価格文書化を行うことで、コンプライアンス目的に留まらない、クライアントの移転価格リスク管理に資する文書作成を行います。

ドキュメンテーションの作成にあたっては、必要に応じて、PwCグローバルネットワークのメンバーファームに各国における最新のルールおよび調査執行の実務を確認し、日本および海外の双方の観点から適切なBEPS(Base Erosion and Profit Shifting、税源浸食と利益移転)文書の作成を行います。

(図1)

(図2)

移転価格に関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

移転価格の最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集