Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

資金調達スキームに関する税務アドバイス

企業に適した資金調達形態の税務アドバイス

企業活動において、資金調達は業務継続のための最も重要な活動と言っても過言ではありません。資金調達形態には、銀行借入から社債発行、キャッシュプーリング、資産や事業を対象とした証券化・流動化、リース取引まで多様な形態があります。最適な形態は各企業の収益状況、資産・負債の内容によりますが、いずれの場合も税務上の検討が欠かせません。資金提供者が日本国内か海外か、資金調達形態がローンなのか社債なのか、または保有資産や事業の売却なのかといった違いで税務上の取扱いは異なってきます。また、資金提供を必要とする者、資金提供を行う者が世界中でクロスボーダーに存在する現代では、海外税制の把握も必須となります。

PwC Japanグループには、金融サービスに特化し、企業のさまざまな形態の資金調達、保有資産や事業をベースとした証券化や流動化に長年関与してきたプロフェッショナルが在籍しています。さらに、世界156カ国に広がるPwCのグローバルネットワークファームにも金融取引を専門とするメンバーが多数おり、こうした各国のスペシャリストと緊密に連携しています。これにより、国内税制に加えて海外税制も含めた付加価値の高いコンサルティングサービスを提供することが可能です。金融取引を熟知したプロフェッショナルが、企業の状況に応じた適切な資金調達スキームについて税務の見地からアドバイスします。

サービスの特長

金融税務専門家によるアドバイス

アセットファイナンス業務に豊富な知見を有するプロフェッショナルが資金調達スキームの税務アドバイスを提供します。

海外税制に関するコンサルティング

資金調達の多様化に伴い資金提供者や投資先が海外に存するケースでは、グローバルネットワークファームと連携し、海外税制についてアドバイスします。

PwCネットワークとの連携

監査、アドバイザリー、法務などを専門とするPwC Japanグループおよびグローバルネットワークのメンバーファームとの連携により、総合的に付加価値の高いサービスを提供します。

資金調達スキームの税務手続き

事前の届出や事後の書類整備が必要とされる資金調達スキームについて、必要な手続き・資料準備のアドバイスなどの各種代行サービスを行います。

主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

金融ビジネスに関する税務サービスの最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集