新興国ファンド投資(インパクトインベストメント)支援関連サービス

新興国投資オプションの拡大~新興低・中間層の成長を捉える~

新興国ビジネスを成功させるポイントは、いかに成長を牽引する新興低・中間層のニーズを把握し、ビジネス機会をとらえるかにあります。しかし、多くの日本の企業にとって、他国の、しかも低・中間層向けのビジネスモデルを構築し、実施に移すのは非常に困難です。
現地密着型のファンドへの投資は、こうした状況の中、日本企業にとって非常に魅力的なものです。彼らは、日本人には把握が難しい現地の成長機会を確実にとらえ、大きな成長を遂げています(図1)。さらに、新興国で持続的に利益を確保するためには、短期的利益の追求だけでなく、市場・現地社会の成長に寄与するWin-Winの投資を行う必要があります。経済的リターンと社会的リターンを両立させ、持続的投資を行うことがインパクトインベストメントと呼ばれるファンドです。インパクトインベストメントは今後10年で10倍の規模に成長すると見込まれています(図2)。

図3:ファンドのリターン(概算)(%)

世界中にインパクトファンドは300近く存在し、その多くがアフリカ各地やインドを中心としたアジア地域で、グリーンエネルギーや医療、教育、水、アフォーダブルハウジング(注1)など、環境・社会的インパクトの高い事業に投資しています(図4)。低・中所得層の成長に伴い増大するニーズを的確に把握する事業に投資ことで、高い経済的リターンを確保しているファンドも数多く存在します(図3)。PwCでは、持続的なリターンを確保するために、環境・社会にポジティブなインパクトを与えつつも、高い経済的リターンを確保しているファンドへの投資を支援します。

(注1)アフォーダブルハウジング事業

低・中間層が家計に無理がない範囲で購入または賃借できる住宅を提供する事業のこと。

図4:投資先地域別インパクトファンド

PwCサステナビリティが選ばれる理由

PwC Japanの総合的なサービスとPwCのグローバルネットワーク

PwC Japanは、所属するさまざまな分野の専門家だけでなく、世界155カ国に展開するPwCの各法人、各国政府、国際機関、大学やその他研究機関とのネットワークを生かして、高度な専門的知見を集約し、クライアントのBOPビジネス/インクルーシブビジネス展開、企業の持続的成長に必要なサービスをテーラーメードで提供します。


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

磯貝 友紀

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email