Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ESGデューデリジェンス

サステナビリティの時代におけるM&A(ディール)を通じた企業価値最大化に向けて

企業が激しい外部環境変化に適切に対応するためには、これまでのように「財務収益性」のみにフォーカスするだけでは十分とは言えず、より広範なステークホルダーを考慮し、長期的な目線で「レジリエンス」や「社会」などに係る非財務価値にもフォーカスした、バリュー・エコシステムを意識していく必要があります。

このような状況の中、企業成長を目的とした経営の選択肢としてのM&A(ディール)においても、対象企業が地球環境や気候変動に適切な対応を行っているか、サプライチェーンにおいて人権に十分配慮しているかなど、考慮すべきESG (Environment, Social and Governance:環境、社会、ガバナンス)課題の範囲とその重要性が拡大してきています。

今後はディールのプロセスにおいても、財務価値をベースとした一般的なデューデリジェンスに加え、非財務価値を含めたバリュー・エコシステム全体にフォーカスしたESGリスクと機会の適切な把握を行うことが、企業の社会的存在意義や企業価値の最大化に向けて不可欠となるでしょう。

ESGデューデリジェンス

PwCは、グループ内のディールアドバイザリー、サステナビリティ、法務、税務、人事、技術の専門家による協働体制により、統合的・包括的なESGデューデリジェンスを提供します。

また、従来の財務デューデリジェンス、ビジネスデューデリジェンス、法務デューデリジェンス、税務デューデリジェンス、人事デューデリジェンス、技術デューデリジェンスなどを有機的に組み合わせた総合的なディールサービスを提供します。

バリュー・エコシステム全体を対象としてESGリスクと機会の把握を可能にするこれらのサービスを通じ、PwCは財務価値と非財務価値の双方を重視した長期的な価値創造の実現を支援します。

PwCのサービス

  • PwCの知見や非財務情報開示に関する枠組みを活用しながら、対象企業のバリュー・エコシステム全体におけるESGリスクと機会をハイレベルで早期に特定し、重要性の評価を行います。また、対象企業のESG課題への対応の成熟度を評価します。
  •  デューデリジェンスの目的・ニーズや対象企業の価値創造プロセスおよびバリューチェーンに応じ、スコープやアプローチが最適となるよう、カスタマイズを行います。
  • 特に重要性の高いESGリスクおよび課題については、財務・ビジネス・法務・税務・人事・技術を含むその他のデューデリジェンスと連携してさらに詳細な調査を行うなど、時間が限られるディールプロセスにおいて、企業価値の最大化に向けた総合的かつ効率的なサービスを提供します。

M&A(ディール)におけるESGデューデリジェンスの重要性

* ESGアービトラージ:ESGリスク・機会に対する評価の差異を起因とする価値の歪みを活用し収益獲得を目指す戦略

{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

フィリップ マシー

マネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

東 輝彦

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

森 隼人

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

高野 公人

パートナー, PwC税理士法人

Email

白土 晴久

パートナー, PwC税理士法人

Email

北村 導人

パートナー, PwC弁護士法人

Email