中国・東南アジア投資セミナー(東京)

2019-12-03

開催終了しました

進化を続けるグローバル経済においては、政治が取引の流れに影響を与え、また新興国の成熟化が進むなど、企業の事業環境が劇的に変化しています。

インドネシア、ベトナム、タイなどの国々における投資環境改善のための継続的な努力により、東南アジアへの外国直接投資は過去最高の水準に達しています。また施行が迫る中国新外商投資法は、市場をさらに開放し、外国企業が中国の民間企業や国有企業と競争する舞台を整備しようとする中国政府の政策を反映しています。

このような時代には、これまで想定されていなかった新たなリスクの発生が予測されます。日本企業がこれらの国々へ投資をしてビジネスを成功させるためには、現地の法規制を理解することが重要です。

PwC弁護士法人は、グローバルネットワークを通じて日本国外でのビジネスについても、あらゆる側面で顧客をサポートしています。弁護士、税理士、コンサルタント、ビジネス・アドバイザー、フィナンシャル・アドバイザーなど各分野のプロフェッショナルとの適切な協働を通じ、統合的なソリューションを提供します。

開催概要

開催日時

2019年12月3日(火)
第1部:13:00‐14:40(受付開始 12:30)
第2部:15:00‐17:15

※第1部、第2部いずれかのご参加も可能です。
※日本語・英語(同時通訳あり)

会場

霞が関ビル14階 PwC税理士法人 セミナールーム(定員:100名)
東京都千代田区霞が関3‐2‐5
Tel: 03-5251-2400

講演内

第1部‐中国新外商投資法

13:00‐13:10

ご挨拶

13:10‐13:45

中国新外商投資法について

13:45‐14:25

パネルディスカッション

第2部‐東南アジアにおける投資

15:00‐15:15

ご挨拶

15:15‐15:35

インドネシアにおける投資

15:35‐15:55

ベトナムにおける投資

15:55‐16:15

タイにおける投資

16:15‐17:05

パネルディスカッション

講師

PwC弁護士法人
パートナー 我妻 由佳子

シン・ベイ・ファーム(PwCグローバルネットワーク) 
パートナー ジャミー・ヤン

PwCインドネシア
シニアパートナー メリ・ダルサ

PwCベトナム
パートナー ファン・ドォン

PwCタイ
パートナー ヴンニパ・ルアムランスリ

パネリスト

PwC税理士法人
パートナー 神保 真人
シニアマネージャー 山下 泰樹

主催

PwC弁護士法人

参加費

無料

お問い合わせ

PwC税理士法人
【東京】足立/三浦
メールでのお問い合わせ

  • お申し込み多数の際は、定員になり次第お申し込みを締め切らせていただきます。
  • 1社で複数名のお申し込みの場合は、出席人数を調整いただくことがありますのでご了承ください。
  • 一般企業の方を対象としておりますので、同業者の方のお申し込みはご遠慮ください。

Contact us