アップスキリング:デジタルデバイドを埋めるために

2020-02-17

loading-player

Playback of this video is not currently available

テクノロジーの発展により、社会に分断が起きつつあります。私たちの仕事も急速に変化しています。

仕事は守れなくても人を守ることはできます。そのためには適切な教育を提供し適切なスキルを身に付けさせ、誰もが今の職場で活躍できるようにしなければなりません。

誰もがデジタルな世界で生活し働けるよう準備するためのカギがアップスキリングです。これは単独の組織だけで対応できる課題ではありません。

本動画では、PwCグローバル会長のボブ・モリッツをはじめ、政府、団体、企業のリーダー達が登場し、アップスキリングの課題に力を合わせて取り組むことを提唱しています。

  • アップスキリングとは何なのか。
  • アフリカの課題
  • 先進国に求められること
  • 社会に対する政府の責任と関心
  • ルクセンブルグの取り組み「スキルの架け橋プロジェクト」
  • シティバンクの取り組み~自社従業員のアップスキリングを開始~
  • PwCが取り組むグローバルレベルでの総合的なアプローチ