新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延を機に考える日本企業の中国事業戦略~中国の日系企業を対象とした緊急BCPサーベイの結果と考察

2020-03-13

PwC中国の日本企業支援チーム「日本企業部」は、新型コロナウイルスの感染拡大により大きな影響を受けている現地の日系企業約200社に対し、BCP(事業継続計画)の発動状況などについて緊急のヒアリングを実施しました。

7割以上が事前にBCPを策定していた一方で、そのうち半数近くが「BCPの不備もしくは周知不足により有効に働かなかった」と回答しています。理由としては「被害想定をはるかに超えていた」「策定プランに中国現地法人の観点が欠落していた」「抽象的な基本方針に留まり、具体的な手順が明示されていなかった」などが挙げられ、BCPの実効性を早急に検証する必要性が浮き彫りになりました。

本レポートでは日系企業に対するサーベイの結果を詳細に解説するとともに、PwCとしての分析や示唆を提示します。

新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延を機に考える日本企業の中国事業戦略~中国の日系企業を対象とした緊急BCPサーベイの結果と考察

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}