第22回世界CEO意識調査 人材トレンド版 デジタル世界におけるスキル向上の必要性

2019-10-18

人工知能(AI)やロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)をはじめデジタル・ワークフォースの活用が広がるにつれて、組織を担う人材に求められるスキルは大きく変化しています。

PwCの第22回世界CEO意識調査ではCEOの5人中4人が「自社で働く人々の業務上必須スキルの不足・欠如に不安がある」と回答し、経営者の悩みを浮き彫りにしました。また、同調査では、スキル不足を解決する施策として経営者の関心を現在最も集めているのが「既存スタッフの大規模な再教育・スキル向上」であることも明らかになりました。

本レポートでは、第22回世界CEO意識調査の人材戦略のアンケート結果を紹介し、デジタル時代の波を乗り越えるために経営者が取り組むべき五つのトピックを提言しています。最新テクノロジー導入により生産性を向上しつつ、既存の従業員も活躍し続ける組織をつくるための道筋を示します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}