Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

PwC Japanグループ エンタテイメント&メディア(E&M)プロフェッショナルに訊く

エンタテイメント&メディア(以下E&M)業界に関わるPwC Japanグループのプロフェッショナルが、E&Mにかける情熱や想い、コロナ禍やテクノロジーの進展で大きな変化を遂げるE&M業界の展望などについて語ります。

  • コロナ禍により、私たちを取り巻く社会は大きな打撃を受けたものの、いよいよ回復の兆しが見えてきました。PwCが発表したGlobal Entertainment and Media Outlook 2021によると、特にE&M業界は回復の勢いが力強く、さらなる成長が見込まれています。しかし、回復後の世界は、コロナ禍以前の世界とは異なったものとなることが予想されています。
  • 今後の業界の勢力図やベクトルが見えつつあるとはいえ、それらはまだ不確かで、この先、些細なきっかけでその未来像が大きく変わる可能性もあります。 新しい技術の発見、社会を取り巻く環境の変化、さらには、地政学的な情勢も影響してくるでしょう。その中でより大きなポイントになるのは、社会の中にいる私たち一人ひとりがこの先どのような社会を実現したいのかという想いです。多くの外的要因が想定され、その影響は未知数ですが、PwCは、社会に対する明確な意思や想いがあれば、その方向性はある程度コントロールできるのではないかと考えます。 

  • このような世界において、PwCは、単にクライアントのビジネスをサポートするだけでなく、クライアントと一緒に実現したい未来を議論し、その実現に貢献したいと考えています。本連載では、E&M業界のコンサルティングに豊富な実績を持つコンサルタントらプロフェッショナルの情熱や想い、自らが思い描く業界の展望などをインタビュー形式で紹介していきます。「未来に向けて伴走してほしい」 と思っていただけたら、ぜひ声をおかけください。

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}