Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ディール・海外資本市場に係るCFOの検討事項シリーズ

2021年12月現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が先進国を中心に世界各国で進み、市場の不透明感は薄れてきました。こうした経済的環境を背景に、各企業においては今後のビジネスの成長をどのように描き、新しい時代の変化にどのように対応していくのかを実戦的に検討するステージに入っていると考えられます。

本シリーズは、企業の成長促進や収益性向上の中心的手法であるディール(M&A、事業売却など)と海外資本市場への参入(新規上場、国際的な資金調達など)を大きなテーマにしています。CFOをはじめとする企業の経営層が検討すべきトピックを経営戦略と財務報告のそれぞれの側面から概説し、企業の成長のためにヒントとなるような情報をシリーズを通じてお届けします。

戦略的ディール会計 証券市場へのアプローチ

本シリーズの各コラムへは以下のリンクからお進みください。

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

顧 威(ウェイ クウ)

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

長沼 宏明

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

山上 眞人

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

坂元 新太郎

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

杉田 大輔

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

長谷川 友美

シニアマネージャー, PwCあらた有限責任監査法人

Email