Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

新型コロナウイルス感染症ワクチンに関連したサイバー脅威動向

2021-02-16

想定される攻撃シナリオを見通すための指標

上述した攻撃シナリオは、実社会の情勢によって蓋然性が変化します。現況および将来の蓋然性を判断する上で参考になると考えられる、今後を見通す上での指標を以下に示します。

1. ワクチン関連の知財を標的とした攻撃の見通し指標

  • 変異種への対応など、日本の製薬企業が治験で優位性を示す
  • 日本の製薬企業が開発したワクチンが承認および出荷される

2. 流通・接種開始により生じるアタックサーフェイスを狙った攻撃の見通し指標

  • 日本でのワクチン接種が開始される
  • V-SYS利用者やサプライチェーンを構成する企業を狙う偵察活動が確認される

3. ワクチン接種開始後の消費者向け詐欺の見通し指標

  • ワクチンの過不足や副作用に関するデマの流布など、消費者が不安に感じる状況の発生
  • 政府や自治体による新しい施策の発表
ワクチンの開発から接種までの一連の流れに関与する企業・組織は、上記の見通し指標に基づいて攻撃シナリオの蓋然性を評価し、攻撃が発生した場合でも自組織が影響を受けないよう、対策を実施することが推奨されます。

*1:Cybersecurity and Infrastructure Security Agency, 2020年5月. ’ Alert (AA20-126A) APT Groups Target Healthcare and Essential Services’

*2:Microsoft, 2020年11月. ‘Cyberattacks targeting health care must stop’

*3:European Medicines Agency, 2021年1月. ’Cyberattack on EMA - update 5’

*4:Cybersecurity and Infrastructure Security Agency, 2020年12月. ’ IBM Releases Report on Cyber Actors Targeting the COVID-19 Vaccine Supply Chain’

主要メンバー

村上 純一

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

澤山 高士

シニアアソシエイト, PwCコンサルティング合同会社

Email

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}