PFMの導入に向けた実践的支援

入退院マネジメント強化の必要性とPFMが果たす役割

PFM(Patient Flow Management)とは、入退院マネジメント強化の手法で、平均在院日数の短縮、病床稼働率の向上、新入院患者数の増加、救急搬送患者の受け入れ数拡大、手術件数増、在宅復帰率の向上などに効果があり、10億円超の増収を実現することも可能です。

社会保障・税一体改革を目指す「2025年モデル」におけるグランドデザインを見ると、「DPC+7対1看護」は急性期病院としての生き残りを保証するものではないことが解ります。大多数の急性期病院は、高度急性期として残れないだけでなく、一般急性期もしくは亜急性期などへの転換を迫られることになります。現在、DPCⅡ群の病院も例外ではありません。

こうした“次なる淘汰”を勝ち残るために求められるのが入退院マネジメントです。超高齢社会を迎え、さまざまな理由で退院の困難な症例への対応が問題として一気に噴出しています。「医療ソーシャルワーカー(MSW)による退院先探し」という従来型の退院調整ではなく、病院全体のチーム医療により患者をどうマネジメントしていくべきか、その戦略と実行力が問われているのです。

こうした背景を受け、入院コーディネート・ベッドコントロール・退院支援/退院調整などの入退院マネジメント強化を通じて収益性を飛躍的に向上する手法「PFM」に対し、全国的に高い関心が寄せられています。PFMは、以下に示すさまざまな効果の創出を可能とする包括的ソリューションです。

PFMの創出するさまざまな効果

300床クラスでも16億円超の増収

PFM導入の先進事例病院(300床クラス)では、下図のとおり新入院患者数の増加や平均在院日数の短縮をはじめ、手術件数や救急搬送件数など急性期病院における重要指標いずれも大幅に改善しています。結果として医業収益で16億円超の経営改善を実現し、目標であった黒字化も達成されました。

PFM導入の先進事例

導入成功の条件

PFM導入に取り組む病院は全国的に増えています。しかし、独自に取り組みを進める病院の中には、以下に示す多くのハードルに阻まれ、経営改善が実現できないうえに費用増や院内の混乱などの逆効果が生じて失敗に終わってしまうケースが少なくありません。PFMは、病院長のもと、医師、看護師をはじめとしたコメディカル、MSWを含む事務職などによる職種横断的な幅広い関係者の合意形成を図りながら慎重に実施すべき本質的な改革です。その点への十分な理解が必要となります。

PFM導入のハードル
画像をクリックすると拡大します

PFMの導入に向けて

PFMを成功させるには、行政施策の内容と背景の理解、地域特性や自院の課題の把握から始める必要があります。問題の背景が明らかになって初めて、自院のPFMの姿が明確になり、それが、成功の鍵を握るためです。
PwCコンサルティング合同会社(PwC)によるPFM導入に向けた事前調査では、インタービューなどを通じ、現場の声を聞きながら各病院の根本的な問題を約1カ月で明らかにします。

PFM診断過程・イメージ
画像をクリックすると拡大します

 

サービスのお問い合わせ

このサービスに関するお問い合わせは、こちらからご連絡をお願いします。