PwCの人材育成

採用、教育、配置(アサイン)、評価など、あらゆる機会を通じて人材の育成に取り組んでいます。

PwC Professional

PwCのプロフェッショナルに求められるAttitude(再現性のある行動特性)は、PwC Professionalと呼ばれるグローバル共通のフレームワークにより整理されています。PwCではこれらのAttributeが向上するように、採用、教育、配置(アサイン)、評価など、あらゆる機会を通じて人材の育成に取り組んでいます。

PwC Professionalのフレームワーク

PwC Professionalのフレームワーク
loading-player

Playback of this video is not currently available

PwC Professional[English]

キャリアパス

職階

PwC Japanグループでは、職域ごとに求められる役割が明確に定義され、各職階の役割に応じた能力を最大限に発揮することが期待されます。PwC Japanグループ内での相互連携により、個々人の専門領域の幅を広げるための部門を超えた機会を数多く創出しています。自らの意志で異動・転籍を申し出ることのできる「Open Entry Program(OEP)」制度をはじめ、異動・転籍をしないまま、プロジェクトベースで他部門、PwC Japanグループ会社の業務を経験することもできます。サービスラインや業界の壁を越え、さまざまな業務を経験することで、プロフェッショナルとして不可欠多角的な視野を磨くことができます。

職階