調査/レポート

View this page in: English

※ここに掲載されている情報は掲載時のものです。

コーポレートサステナビリティと組織のレジリエンス 新しいトリプルA経営への道筋

PwCは日本企業の今後の中長期的な成長において、その重要な要素となるであろう「コーポレートサステナビリティのビジネスアプローチ」および「組織のレジリエンス」について継続的に調査研究を実施しています。

経済犯罪実態調査 2016(日本分析版) 日本における経済犯罪‐世界とのギャップ‐

「経済犯罪実態調査 2016」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し分析した結果、日本における全般的な不正に対する意識は高まっていますが、対策面では世界とのギャップが見られる結果となっています。

国内シェアリングエコノミーに関する意識調査 2017 (2017年7月25日)

PwCコンサルティングは、日本全国の消費者を対象に実施した「国内シェアリングエコノミーに関する意識調査 2017」の結果を発表しました。

Risk in review‐フロントラインからリスクを管理する(2017年7月14日)

PwCの第6回目のRisk in review(年次リスク調査)では、世界各国の1,581人の企業幹部に調査した結果、第1ディフェンスラインが中心となってリスク管理を行うことがより効果的なリスク管理となることが明らかとなりました。

2017年内部監査全世界実態調査 「真北」を目指して進み続ける:混乱の中を航海する(2017年7月13日)

PwCの2017年内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,900名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果、内部監査が組織への価値貢献を高めるために、どのようにビジネスの障害に関与すべきかをまとめています。

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2017-2021(2017年7月6日)

PwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック」は17年間にわたり、広告収入と消費者支出の動向を中心に、専門家による解説とインサイトを提供してきましたが、今年からはstrategy+businessと協力して今後の予測と鋭い考察をお届けします。

Petya - the latest wave(最新の猛威)(2017年6月28日)

「Goldeneye」とも呼ばるPetyaとMischaが統合された最新のランサムウェア亜種の猛威により、6月27日以降、広範な産業分野に渡ってかなりの数の組織が被害を受けています。

事業買収を検討している企業の取締役会が買収取引の前後、そして進行中に実施すべきこと(2017年6月23日)

事業買収を検討している企業の取締役会が買収取引の前後、そしてディールの進行中に実施すべきこととは何かを解説しています。

「先進国リスク」レポート(2017年6月20日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

Total Retail 2017 不確かな将来に備え、小売業に求められる10の投資(2017年6月19日)

本調査は、29カ国・地域の2万5,000人のオンライン買い物客を対象に実施したPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)の結果をまとめたものです。本レポートでは、この厳しいグローバル市場で生き残るために小売業者がどこに投資すべきか、について詳しく分析しています。

Navigating the SDGs:SDGsビジネスガイド 国連のグローバル目標に関与するためには(2017年6月12日)

PwCのSDGsビジネスガイドでは17のグローバル目標それぞれについて、なぜ企業にとって重要なのか?企業に何ができるのか?を解説しています。このガイドにより多くの日本企業がSDGsの達成に大きく貢献することを期待しています。

第20回世界CEO意識調査/保険業界における主要結果:直面する脅威と変化を受け入れ変革を進める保険業界(2017年6月5日)

本レポートでは、世界CEO意識調査の結果に基づき、保険業界が戦略およびオペレーション面で変革を遂げて行く中、どのように自身を強化できるかについて考察していきます。

監査委員会 優れた実務シリーズ 財務報告の監督(2017年6月2日)

財務報告の監督は監査委員会の重要な責任の一つです。監査委員会が財務報告をより効果的かつ効率的に監督するための方法について検討しています。

Eurasia Group・PwC Japanグループ共同レポート(2017年5月29日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

IASBがIFRS第17号「保険契約」を公表‐保険契約会計の新時代が始まる(2017年5月26日)

国際会計基準審議会(IASB)は、2017年5月18日、長い間取り組んできた保険契約に関する会計基準の開発プロジェクトを完了し、IFRS第17号「保険契約」を公表しました。PwCが、その概要を速報で解説します。

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」(2017年5月25日)

本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析結果と考察を共有します。

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?(2017年5月8日)

本調査レポートは、2050年にかけての主要32カ国のGDPを予測した「The World in 2050」の最新版です。

グローバル投資家サーベイ2017 投資家の意識変化‐未来をどう描くか(2017年4月26日)

PwCが世界各国の550名を超える投資家に対して、今後の世界経済に対する見方、不確実な時代の企業経営のあり方、テクノロジーの急速な進歩がもたらす影響などについて質問した調査レポートです。

金融サービステクノロジー2020年を越えて:破壊を取り込む(2017年4月25日)

このレポートは、フィンテック(FinTech)が金融サービス業界とその監督機関や利用者にどのような影響を及ぼすかを分析したものです。金融機関の役割と構造、競争環境、その市場や社会に破壊的な変革をもたらそうとしている大きな力、技術的進歩に焦点を当ています。

Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)(2017年4月25日)

「APT10」として広く知られた攻撃者グループによる、かつてない規模で長期間にわたり展開された国際サイバースパイ活動「Operation Cloud Hopper(クラウドホッパー作戦)」を発見し、目的遂行を阻止するべく協働した調査報告書です。

The future starts now‐未来の幕開け‐クラウドベースのテクノロジーを活用した財務・経理機能の変革(2017年4月18日)

クラウド型ERP市場をリードするWorkdayのファイナンスソリューションが、財務・経理部門の役割をどのように変えることができるか――何を提供できるか、なぜ他と違うのか――について理解を深めます。

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版‐変わる境界:拡大するフィンテックの影響(2017年4月6日)

PwCが実施したグローバルフィンテック調査2017によると日本の金融機関の9割がフィンテックに脅威を抱いているものの取り組みには遅れが見られました。今後はフィンテック企業とのパートナーシップを拡大する意向です。

ファミリービジネスサーベイ2016

PwCの「ファミリービジネスサーベイ2016」では、世界50カ国、様々な業界のファミリービジネス企業の経営幹部 2,800名以上に協力いただき、直面する経営課題、グローバル化、事業承継、デジタル化への対応などについてお答えいただきました。

不確実性の時代における次世代ホテル経営についての新たな「視点」と「洞察」(2017年2月28日)

ホテル市場はインバウンド需要の急増などにより好調に推移していますが、供給面では民泊の拡大などにより供給過剰を懸念する声も。本資料では、次世代のホテル経営の「機会」と「課題」について考察します。

グローバルシェアードサービス調査報告書「Shared Services:Multiplying Success」(2016年度)(2017年2月27日)

本書は、PwCが2016年に行ったシェアードサービスセンター(SSC)に関する調査結果を翻訳したものです。グローバル企業におけるSSCの現状とともに、SSC機能の再配置、デジタル化、継続的改善に関する提言をとりまとめています。

デジタル時代における財務経理の新しい形:デジタル化が進んだ時代に求められる役割をひも解く(2017年2月24日)

デジタル技術の革新により、財務経理部門は自らの役割や存在意義を考え直す必要性に直面しています。本レポートでは、変わりゆく財務経理部門の役割を分析し、理解するためのフレームワークを紹介しています。

ファミリービジネスサーベイ2016 ケーススタディ:世界のファミリービジネス経営者が語るストーリー(2017年2月15日)

世界50カ国、2,802名のファミリービジネス企業の経営者を対象に、第8回ファミリービジネスサーベイ2016を実施し、本レポートは、世界各地の企業経営者33名の方にインタビューした内容をまとめた貴重な洞察溢れる内容になっています。

グローバル情報セキュリティ調査2017:先進的サイバーセキュリティおよびプライバシーの実現(2017年2月14日)

グローバル情報セキュリティ調査は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向などを分析、レポートします。

ファミリービジネスサーベイ 2016「ビジョンと戦略のギャップ」:ビジョン実現に向けた中期戦略計画の構築(2017年2月9日)

世界50カ国、2,802名のファミリービジネス企業の経営者を対象に、第8回 ファミリービジネスサーベイ2016を実施しました。「効果的な後継者計画の10のステップ」、「効果的な戦略計画策定の10のステップ」なども紹介しています。

インド投資ガイド2016年(2017年2月8日)

PwCインド日系企業コンサルティンググループが発刊したインド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識と経験に基づき、インドへの投資に当たって直面する典型的な課題について、それぞれの専門家が編集しています。

ガバナンス

2017年内部監査全世界実態調査 「真北」を目指して進み続ける:混乱の中を航海する(2017年7月13日)

PwCの2017年内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,900名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果、内部監査が組織への価値貢献を高めるために、どのようにビジネスの障害に関与すべきかをまとめています。

事業買収を検討している企業の取締役会が買収取引の前後、そして進行中に実施すべきこと(2017年6月23日)

事業買収を検討している企業の取締役会が買収取引の前後、そしてディールの進行中に実施すべきこととは何かを解説しています。

監査委員会 優れた実務シリーズ 財務報告の監督(2017年6月2日)

財務報告の監督は監査委員会の重要な責任の一つです。監査委員会が財務報告をより効果的かつ効率的に監督するための方法について検討しています。

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」(2017年5月25日)

本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析結果と考察を共有します。

イノベーション

Total Retail 2017 不確かな将来に備え、小売業に求められる10の投資(2017年6月19日)

本調査は、29カ国・地域の2万5,000人のオンライン買い物客を対象に実施したPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)の結果をまとめたものです。本レポートでは、この厳しいグローバル市場で生き残るために小売業者がどこに投資すべきか、について詳しく分析しています。

第20回世界CEO意識調査/保険業界における主要結果:直面する脅威と変化を受け入れ変革を進める保険業界(2017年6月5日)

本レポートでは、世界CEO意識調査の結果に基づき、保険業界が戦略およびオペレーション面で変革を遂げて行く中、どのように自身を強化できるかについて考察していきます。

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」(2017年5月25日)

本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析結果と考察を共有します。

第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化―未来をどう描くか?

PwCは20年間にわたり、世界のCEOの皆様にビジネスや社会のあり方を大きく変えるような潮流についてお聞きしてきました。今般、PwC Japanグループは「第20回世界CEO意識調査 日本分析版」を刊行し、世界と日本のCEOの意識の差を分析しました。

オペレーション

第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化―未来をどう描くか?

PwCは20年間にわたり、世界のCEOの皆様にビジネスや社会のあり方を大きく変えるような潮流についてお聞きしてきました。今般、PwC Japanグループは「第20回世界CEO意識調査 日本分析版」を刊行し、世界と日本のCEOの意識の差を分析しました。

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版‐変わる境界:拡大するフィンテックの影響(2017年4月6日)

PwCが実施したグローバルフィンテック調査2017によると日本の金融機関の9割がフィンテックに脅威を抱いているものの取り組みには遅れが見られました。今後はフィンテック企業とのパートナーシップを拡大する意向です。

不確実性の時代における次世代ホテル経営についての新たな「視点」と「洞察」(2017年2月28日)

ホテル市場はインバウンド需要の急増などにより好調に推移していますが、供給面では民泊の拡大などにより供給過剰を懸念する声も。本資料では、次世代のホテル経営の「機会」と「課題」について考察します。

グローバルシェアードサービス調査報告書「Shared Services:Multiplying Success」(2016年度)(2017年2月27日)

本書は、PwCが2016年に行ったシェアードサービスセンター(SSC)に関する調査結果を翻訳したものです。グローバル企業におけるSSCの現状とともに、SSC機能の再配置、デジタル化、継続的改善に関する提言をとりまとめています。

規制

「先進国リスク」レポート(2017年6月20日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

Eurasia Group・PwC Japanグループ共同レポート(2017年5月29日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化―未来をどう描くか?

PwCは20年間にわたり、世界のCEOの皆様にビジネスや社会のあり方を大きく変えるような潮流についてお聞きしてきました。今般、PwC Japanグループは「第20回世界CEO意識調査 日本分析版」を刊行し、世界と日本のCEOの意識の差を分析しました。

グローバルフィンテック調査2017 日本分析版‐変わる境界:拡大するフィンテックの影響(2017年4月6日)

PwCが実施したグローバルフィンテック調査2017によると日本の金融機関の9割がフィンテックに脅威を抱いているものの取り組みには遅れが見られました。今後はフィンテック企業とのパートナーシップを拡大する意向です。

リスク管理

経済犯罪実態調査 2016(日本分析版) 日本における経済犯罪‐世界とのギャップ‐

「経済犯罪実態調査 2016」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し分析した結果、日本における全般的な不正に対する意識は高まっていますが、対策面では世界とのギャップが見られる結果となっています。

Risk in review‐フロントラインからリスクを管理する(2017年7月14日)

PwCの第6回目のRisk in review(年次リスク調査)では、世界各国の1,581人の企業幹部に調査した結果、第1ディフェンスラインが中心となってリスク管理を行うことがより効果的なリスク管理となることが明らかとなりました。

2017年内部監査全世界実態調査 「真北」を目指して進み続ける:混乱の中を航海する(2017年7月13日)

PwCの2017年内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,900名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果、内部監査が組織への価値貢献を高めるために、どのようにビジネスの障害に関与すべきかをまとめています。

「先進国リスク」レポート(2017年6月20日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

成長戦略

2017年内部監査全世界実態調査 「真北」を目指して進み続ける:混乱の中を航海する(2017年7月13日)

PwCの2017年内部監査全世界実態調査は、世界中の約1,900名の内部監査部門長や利害関係者に調査した結果、内部監査が組織への価値貢献を高めるために、どのようにビジネスの障害に関与すべきかをまとめています。

「先進国リスク」レポート(2017年6月20日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

Total Retail 2017 不確かな将来に備え、小売業に求められる10の投資(2017年6月19日)

本調査は、29カ国・地域の2万5,000人のオンライン買い物客を対象に実施したPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)の結果をまとめたものです。本レポートでは、この厳しいグローバル市場で生き残るために小売業者がどこに投資すべきか、について詳しく分析しています。

Eurasia Group・PwC Japanグループ共同レポート(2017年5月29日)

両レポートは、ブレグジットや米国の政策などの先進国を発端とした変化に伴うリスクを「先進国リスク」とし、その影響を考察したものです。

サステナビリティ・気候変動

コーポレートサステナビリティと組織のレジリエンス 新しいトリプルA経営への道筋

PwCは日本企業の今後の中長期的な成長において、その重要な要素となるであろう「コーポレートサステナビリティのビジネスアプローチ」および「組織のレジリエンス」について継続的に調査研究を実施しています。

Navigating the SDGs:SDGsビジネスガイド 国連のグローバル目標に関与するためには(2017年6月12日)

PwCのSDGsビジネスガイドでは17のグローバル目標それぞれについて、なぜ企業にとって重要なのか?企業に何ができるのか?を解説しています。このガイドにより多くの日本企業がSDGsの達成に大きく貢献することを期待しています。

第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化―未来をどう描くか?

PwCは20年間にわたり、世界のCEOの皆様にビジネスや社会のあり方を大きく変えるような潮流についてお聞きしてきました。今般、PwC Japanグループは「第20回世界CEO意識調査 日本分析版」を刊行し、世界と日本のCEOの意識の差を分析しました。

財務報告が全てではない ‐ 投資家が語るESG投資の趨勢(2016年11月4日)

PwCがIIRCと共同して実施した機関投資家に対するインタビューであり、投資意思決定に際して検討すべき要因が従来の財務情報からESG情報に広がりを見せていることが読み取れます。

人材マネジメント

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」(2017年5月25日)

本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析結果と考察を共有します。

第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化―未来をどう描くか?

PwCは20年間にわたり、世界のCEOの皆様にビジネスや社会のあり方を大きく変えるような潮流についてお聞きしてきました。今般、PwC Japanグループは「第20回世界CEO意識調査 日本分析版」を刊行し、世界と日本のCEOの意識の差を分析しました。

The future starts now‐未来の幕開け‐クラウドベースのテクノロジーを活用した財務・経理機能の変革(2017年4月18日)

クラウド型ERP市場をリードするWorkdayのファイナンスソリューションが、財務・経理部門の役割をどのように変えることができるか――何を提供できるか、なぜ他と違うのか――について理解を深めます。

ファミリービジネスサーベイ2016 ケーススタディ:世界のファミリービジネス経営者が語るストーリー(2017年2月15日)

世界50カ国、2,802名のファミリービジネス企業の経営者を対象に、第8回ファミリービジネスサーベイ2016を実施し、本レポートは、世界各地の企業経営者33名の方にインタビューした内容をまとめた貴重な洞察溢れる内容になっています。

サステナビリティ

サステナビリティ情報開示

コーポレートサステナビリティと組織のレジリエンス 新しいトリプルA経営への道筋

PwCは日本企業の今後の中長期的な成長において、その重要な要素となるであろう「コーポレートサステナビリティのビジネスアプローチ」および「組織のレジリエンス」について継続的に調査研究を実施しています。

Navigating the SDGs:SDGsビジネスガイド 国連のグローバル目標に関与するためには(2017年6月12日)

PwCのSDGsビジネスガイドでは17のグローバル目標それぞれについて、なぜ企業にとって重要なのか?企業に何ができるのか?を解説しています。このガイドにより多くの日本企業がSDGsの達成に大きく貢献することを期待しています。

新しいトリプルA経営への道筋 サステナビリティ+レジリエンスが生み出す企業の成功法則

従来のCSRを超えた戦略性の高い社会・環境問題へ対応、つまり「コーポレートサステナビリティ」と、柔軟な適応力を発揮するための「組織的なレジリエンス」を高める3つの原則、新しいトリプルAが求められています。

GRIガイドラインG4の概要(第2回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-(2013年07月24日)

2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える後編です。G4の中で最もボリュームがあり具体的な内容を示している標準開示の概要および統合報告との関係を含めた今後の企業報告の方向性などについてまとめています。

気候変動/温暖化対策

サステナブル投資の主流化:投資家の見解を探る(2016年4月28日)

責任投資原則を背景に、環境、社会、ガバナンス(ESG)に含まれるサステナビリティの問題が、投資家の戦略や慣行に与える影響を調査した結果、投資判断への影響力やそれが今後強まる可能性が明らかになっています。

低炭素化動向指標LCEI(Low Carbon Economy Index)2015レポート(2015年10月29日)

PwCでは毎年、G20の経済の低炭素化動向の指標であるLow Carbon Economy Index(LCEI)の調査分析を行っており、その最新レポートを2015年10月に公表しました。

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013(2014年05月30日)

PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。

Carbon Disclosure Project(CDP):Japan 500 Report[日本語](2010年10月20日)

2010年10月、カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)の日本報告会が開催され、国内大規模企業500社に対するアンケート結果「CDP Japan 500 Report」が発表されました。

環境マネジメント

サステナブルサプライチェーン

新興国進出(BoP/インクルーシブビジネス)

全般 

統合型リゾート

Online Betting and Gaming Regulation 2014(2014年02月28日)

ヨーロッパと米国におけるオンラインゲーミングの規制について今後の動向を概説しています。新たな規制の方向性、オンラインゲーミングへの影響、および有効に機能させるために必要なポイントなどについて論じています。

Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場(2011年12月20日)

PwCが新たに発表した年次レポート「Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場」によると、世界のカジノ収益は2015年には1,828億米ドルになると予想されています。

アナリティクス

デジタル時代における人材マネジメントの新機軸「ピープルアナリティクス」~2016年度人材データの分析活用度調査~(2016年12月12日)

日本における人材データ分析の活用は、先進的な企業とそうでない企業との二極化が進みつつあります。本レポートでは、人材データの分析活用度調査結果と事例をもとに、日本企業の現状と進むべき方向性を考えます。

第7回 Digital IQ調査 デジタルリーダーに学ぶ 業績向上につながる10の属性(2016年3月22日)

第7回 Digital IQ調査は、PwCが2015年7月から同年9月までに実施した世界51カ国の主要企業、1,988社の経営幹部を対象にしたIT先進情報技術への企業の理解および適用状況の最新調査報告書です。

technology forecast インテグレーションの再考:クラウドコンピューティングをリードする企業の新たな動き(2015年11月06日)

データのコントロールは生産性向上、競争力向上に直結していきます。ディープアナリティクス、人工知能をはじめとするコンピューターインテリジェンスには、データコントロールが必須です。

Three surprising digital bets for 2015(2015年04月27日)

大きな将来性があるにもかかわらず世間的にはウェアラブル機器、NoSQLデータベース、業務用センサーの3つのテクノロジーは過小評価されています。これらのテクノロジーの将来性について適用例を交え考察します。

電力システム改革

電力・ガス小売市場意識調査2016(2016年10月6日)

PwCコンサルティングでは、全国の一般家庭における消費者を対象に電力・ガス小売市場についての意識調査を行いました。

電力小売市場意識調査 2016 自由化直前編(2016年2月26日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を前に、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。本調査は2013年から4年連続で実施しました。

電力小売市場意識調査 2015(2015年10月21日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を前に、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、「電力料金割引率」と「電力会社乗換率」に関する相関関係を明らかにしています。

電力小売市場意識調査 2014(2014年10月27日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を想定し、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。

再生可能エネルギー

Power & Renewables Deals 2015~2015年の展望と2014年のレビュー~(2015年08月12日)

PwCは、電力および再生可能エネルギーセクターにおけるM&Aの動向をとりまとめた報告書を毎年発行しています。2015年版では、2014年の電力および再生可能エネルギーセクターのディールは主に米国に集中したものの、2015年は全世界的にバランスがとれたものになるとみられています。

Power & Renewables Deals ‐2014年の展望と2013年のレビュー‐(2014年04月17日)

本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー(2013年07月22日)

PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク』(2013年01月25日)

PwC Japanでは、ストラテジックパートナーであるEurasia Group との共同マーケティング活動の一環として「2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク」と題したレポートを発行しました。

スマートコミュニティサービス

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)(2013年01月13日)

PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

IFRS

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号(2012年10月01日)

この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

Industry specific IFRS packs 2011 - Energy & resources(2012年01月23日)

エネルギー・資源業界固有の実務および損益に重要な影響をもたらす今後のIFRS変更について、PwCの見解と経験を紹介し、ビジネスへの影響にどう備えるかについて支援します。

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees(2011年12月14日)

不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

10Minutes 借手のリース会計の行方(2011年08月15日)

米国会計基準および国際会計基準で、リース会計の大幅な改革が検討されています。最終規則は2011年中頃になると予想されますが、本報告書では当該リース会計の変更案とその趣旨を検討しています。

統合報告(Integrated Reporting)

統合報告の導入ガイド(2015年11月11日)

統合報告をどのように導入するか。PwCがグローバルで開発したロードマップを基に、統合報告書の作成・活用に挑戦される全ての人々に、実践的なガイダンスを紹介します。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか(2015年03月18日)

2014年にPwC米国が実施した、幅広い機関投資家を対象とした取締役会の現状およびあるべき姿に関する意識調査結果を取りまとめた報告書です。日本企業が取締役会のあり方や目指すべきコーポレートガバナンスを検討する上で参考となる情報を提供します。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐明確な財務報告のためのイノベーション‐(2015年01月14日)

企業が投資家に対して明確な財務報告を行うために、企業は何を改善すべきなのか?会計方針注記、財務諸表の形式、あるいは財務業績とマネジメントコメンタリーとの関連付けについて、投資家が何を期待しているのか?PwCによるグローバル投資家サーベイの結果に基づき解説しています。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐統合報告を活用して力強いストーリーを語る‐(2015年01月09日)

世界の投資家は企業にどのような統合報告の開示を求めているのか、経営者が現状の企業報告を改善できるポイントはどこにあるかについて、PwCがグローバルな投資家の視点・ニーズを分析・議論しています。

事業継続管理(BCM)

IT-BCPサーベイ2014(2013年12月12日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性(2013年06月26日)

ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果(2013年06月24日)

PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査(2013年04月23日)

プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

不動産

不確実性の時代における次世代ホテル経営についての新たな「視点」と「洞察」(2017年2月28日)

ホテル市場はインバウンド需要の急増などにより好調に推移していますが、供給面では民泊の拡大などにより供給過剰を懸念する声も。本資料では、次世代のホテル経営の「機会」と「課題」について考察します。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 不動産の新しい動向 アジア太平洋(2017年1月16日)

本報告書は、投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、国際的に著名な不動産専門家の見解に基づき、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。

PwCのEmerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2016 不動産の新しい動向®アジア太平洋2016(2015年12月7日)

2016年に予想される最善の投資機会・開発機会は何か?本書は不動産業界のリーダー約350名に行ったインタビュー/アンケート調査を基づき、見込みの高い投資先や有望な部門・市場、および不動産に影響を与える資本市場の動向について予測し、読者の参考に供します。PwCとアーバンランド・インスティテュートの共同報告書であるEmerging Trends inReal Estate アジア太平洋版は刊行以来版を重ね、今回の第10版でも信頼度の高い、実際に即した専門的な洞察を提供します。

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2015 不動産の新しい動向®アジア太平洋2015(2015年12月)

2015年の本報告書は、日本を含むアジア太平洋地域における投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、385名を超える国際的に著名な不動産専門家の見解に基づいて作成しており、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の動向に関する見通しを示しています。

世界CEO意識調査


 

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006