重工業・産業機械- Industrial manufacturing

 

業界が抱える課題

日本メーカーは品質・機能の高い信頼性が国際的な競争力の源泉ですが、新興国メーカーが技術力のキャッチアップを進めつつあり、また、欧米メーカーもコア事業への集中投資やM&Aなどにより競争力強化を図りつつあるため、日本メーカーにとって、コスト競争力の強化、サービス体制や事業モデルの差別化などが急務となっています。
競争激化や原燃料価格の急騰など、内外で厳しい事業環境は続くものと見られますが、新興国での旺盛な需要を中心に、日本や欧米の市場も回復に向かうことが期待されています。また、例えば、代替エネルギー分野や環境技術、省エネ技術、微細加工や新素材加工など、今後の成長が見込まれる新規分野も生まれています。日本メーカーは、先端的なユーザーとの連携を深めて技術優位性や開発力を維持しつつ、グローバルな最適生産体制を通じた低コスト化、成長分野への積極的な投資や戦略的な事業提携などを通じて、世界市場を視野に入れた事業活動の展開が期待されます。

PwC Japanのサービス

PwCは産業分野に精通したプロフェッショナルが、クライアントと業界の特性を理解し、国内外の主要メーカーへのサービス提供の豊富な実績とノウハウに基づき、戦略上の選択肢の評価、マネジメントの枠組みの改善、費用の適正化などを支援します。
海外進出やM&A、事業統合や効率化、グローバルな財務管理体制の構築など、さまざまなチャレンジに際して、豊富な経験とノウハウを持つアドバイザーが、PwCのグローバル・ネットワークを活かして、クライアントを最大限に支援します。

 

税務

  • 海外進出・進出後の国際税務
  • 海外事業が稼得した利益に対する租税戦略(国際持ち株再編、移転価格、オフショア再投資の手法など)
 
Consult us
 
五代 英紀
五代 英紀
パートナー
監査およびアシュアランス
 
 
椎野 泰輔
椎野 泰輔
パートナー
監査およびアシュアランス
 
澤山 宏行
澤山 宏行
パートナー
監査およびアシュアランス
 
本木 昌裕
本木 昌裕
パートナー
コンサルティング
 
平林 康洋
平林 康洋
パートナー
ディールアドバイザリー