クロスボーダー投資および買収に係るM&Aストラクチャリング

買収の目的・手段、対象会社の税務ポジション等を総合的に勘案し、当該ストラクチャー組成時および組成後の利益還流あるいは将来の譲渡時における本邦および海外の課税関係を把握したうえで、ストラクチャーごとのメリット・デメリットを包括的に整理し、税務上適切な投資ストラクチャ―の構築をご支援します。

サービス


M&Aストラクチャリングの検討プロセス

M&Aストラクチャリングの検討プロセス

 

  1. 買収ストラクチャ―の検討

    買収の目的および事業上の要請に基づき、買収局面、利益還流局面そして投資売却または撤退局面における税務上の検討課題を十分に考慮した適切なストラクチャーを構築することで、当該買収や投資から生じる利益やキャッシュを増大させることが可能となります。


    買収ストラクチャ―検討における具体的な調査領域は以下のとおりです。


    • 買収主体の検討(日本からの直接投資か第三国経由かの検討)
    • 買収手法の検討(株式取得なのか事業譲受なのかの検討)
    • 買収ファイナンスに係る課税関係の検討(過少資本税制、過大支払利子税制、移転価格税制等)
    • 配当等の利益還流に係る課税関係の検討
    • 買収対象会社所在地国における株式または事業譲渡益課税の検討
    • 買収プレミアムの償却可能性
    • 支配権変更に伴う税務上の繰越項目に対する利用制限の検討
    • 各種取引税 等
    • 日本タックスヘイブン対策税制 等

  2. 買収ストラクチャ―の実行支援

    ストラクチャ―の検討の結果、選択された税務最適なストラクチャ―を実行するにあたり、以下に記載する税務面からのサポート等をご提供します。


    • 買収契約書等に記載される買収ストラクチャ―の税務面からのレビュー
    • 買収ストラクチャ―の説明資料の作成支援
    • 税務意見書の作成
    • (必要に応じて)国税当局への照会支援
    • その他取引に関する税務相談

当法人は、クロスボーダーM&Aに豊富な経験を有する日本のM&A税務専門家と当法人のカントリーデスク所属の海外税務専門家そして投資対象国のPwCメンバーファームの現地税務専門家が一体となったチームをプロジェクト毎に組成し、フィナンシャルアドバイザー・法務・会計専門家と共働してご支援いたします。特に、当法人のM&A税務部門のパートナーおよびマネージャーの多くが海外での駐在経験を有するバイリンガルの日本公認会計士や税理士であり、クロスボーダーの投資あるいは買収案件に精通した経験豊かなM&A税務専門家です。

体制


体制
 

体制


先進国(米国、英国、ドイツ、オランダなど)に加え、日本企業による中国、インドなどの新興国への投資が著しく増加している現在、海外での税務検討事項も複雑化し、その重要性も増しています。当法人は、クライアントからの現地税制などの質問にタイムリーかつ適切に対応する目的で、「カントリーデスク」を立ち上げています。現地駐在経験のある担当者と現地から招聘したプロフェッショナルが豊富な知識と経験を生かし、クライアントサービスを行っています。
 


クロスボーダーM&Aチーム

山岸 哲也

パートナー
山岸 哲也
Tel:03-5251-2460
Email

松永 智志

パートナー
松永 智志
Tel:080-9429-7062
Email

神保 真人

ディレクター
神保 真人
Tel:090-6027-6175
Email

沼尻 雄樹

ディレクター
沼尻 雄樹
Tel:080-3715-6016
Email

八木 淑恵

シニアマネージャー
八木 淑恵
Tel:080-3716-8411
Email

清宮 陽二

パートナー
清宮 陽二
Tel:080-3592-6105
Email

原 嵩

パートナー
原 嵩
Tel:090-8346-2900
Email

白土 晴久

ディレクター
白土 晴久
Tel:080-4894-2440
Email

関口 佳弘

シニアマネージャー
関口 佳弘
Tel:080-4104-5350
Email