Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

国際取引に関わる間接税コンサルティングサービス

国際取引における間接税のインパクト

間接税は本来、事業者にとってコストとならないことが原則です。しかし、国際取引を行う場合、外国事業者にとっては還付請求のできない付加価値税の支払いが発生したり、取引相手国において付加価値税登録を求められたりすることによって、多額のコストが発生するケースがあります。

間接税の税率が取引から得られる利益率を上回ることもしばしば見られることから、間接税に関して適切に対処しなければ、事業活動が阻害される原因ともなり得ます。

このような状況に陥らないよう、取引に関わる間接税を把握し、適切な間接税マネジメントを行うことの重要性が増してきています。特に新規取引や商流変更を行う場合には、思わぬ間接税の負担が発生する可能性があり、慎重な検討が必要となります。

PwC税理士法人は、世界各国に広がるPwCグローバルネットワークの間接税サービスチームと連携してサービスを提供します。

サービスの特長

間接税の適用関係の明確化

各取引に関わる間接税の課税関係を確認し、必要な手続きを明確にします。

コンプライアンス手続きの支援

各国での登録・申告・納税手続きをサポートします。

納税ガバナンスの整備支援

継続的な申告・納税体制を構築・整備するためどのような課題があるかを検討します。

国際取引に関わる間接税について、以下のサポートを実施します。

  • 現状の商流に基づく間接税の課税関係の分析を行います。
  • 新規取引に関わる間接税の課税関係の確認および必要な登録手続き、申告書の作成などを行います。
  • すでに発生している問題に対する必要な対応を支援します(事後登録、修正申告罰金等の減免申請、商流変更に関する検討など)。
  • VAT還付申請書の作成を支援します。
  • サプライチェーンの見直しに伴うVATへの影響分析を行います。

間接税の理解とマネジメントの重要性

PwC税理士法人は、間接税に関する豊富な実績を有しており、取引に関わる間接税の適用関係の検討から実際のコンプライアンス手続きまで、シームレスに支援を提供します。PwCグローバルネットワークの各国の間接税チームとも連携し、さまざまな地域での間接税に関する課題に対応できます。

間接税に関するPwCの主なサービス

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

間接税の最新情報

{{filterContent.facetedTitle}}

メディア掲載

PwC税理士法人のパートナー、ディレクター、リーダー他が執筆した記事をご紹介いたします。

税務に関するメディア掲載

寄稿記事

メディア掲載, PwC税理士法人メディア掲載, 寄稿記事

{{filterContent.facetedTitle}}

{{filterContent.facetedTitle}}

税務に関する用語をまとめ、50音順で紹介しています。

税務に関する用語集

主要メンバー

村上 高士

パートナー, PwC税理士法人

Email

溝口 豪

ディレクター, PwC税理士法人

Email

佐々木 知也

マネージャー, PwC税理士法人

Email