Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

不正リスクマネジメント

企業の海外進出や事業拡大に伴い、子会社や海外支店、関連会社の管理は複雑さを増していきます。また、いったん不正が発覚すると、不正調査や当局への対応、株主やその他利害関係者への情報開示など、通常の事業活動に支障をきたすほどの時間と労力、コストがかかります。

不正を未然に防ぐ体制を整えておく、また不正が行われたとしても早期に発見し、事態が大きくなることを防ぐ仕組みを整えておくことは、企業にとって重要かつ早急に対処すべき課題です。さらに、万が一不正が発覚した場合を想定し、初動時に誰がどのような対応をとるべきか、不正の規模や内容によってさまざまなインシデント対応策を構築しておくことも必要です。

PwCのアプローチとサービス

PwCのフォレンジックサービスでは、国内・海外問わず、数多くの関連会社を有する複雑な組織形態の企業に対して、各拠点における不正リスクの洗い出しから、不正リスク評価、不正防止プログラムの構築、およびモニタリング活動に至るまで、不正の防止および発見をトータルにサポートします。また、現在実施している不正防止策の評価やギャップ分析、従業員・職員に対する研修など、個別の要望にも対応します。

図 不正リスクマネジメントの流れ

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

丸山 琢永

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人, PwCビジネスアシュアランス合同会社

Email

那須 美帆子

パートナー, PwCアドバイザリー合同会社

Email

平尾 明子

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email

上野 俊介

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email

奈良 隆佑

ディレクター, PwCアドバイザリー合同会社

Email