デジタルデューデリジェンス

デジタルデューデリジェンスの必要性

急速に変化するデジタル環境下、事業買収の検討にあたっては、対象会社がAI、AR/VR、IoT、ロボティクスなどの最新のデジタル技術どのように活用し、企業価値の向上に役立てているかといったケイパビリティを評価するためのデジタルデューデリジェンス(デジタルDD)が欠かせなくなりつつあります。

デジタルデューデリジェンスの 目的

PwCのアプローチ

対象会社が提供している製品およびサービスを調査し、適用されているデジタル技術のビジネスへの貢献度であるデジタルケイパビリティを評価します。

デジタルケイパビリティの評価

買収対象会社がデジタル技術をどのように活用しているかについて、開示情報および担当者へのインタビューに基づいて調査を行い、デジタルケイパビリティに関する強み、デジタル技術のIT プラットフォームの信頼性・拡張性を評価します。

主要評価領域

  • 組織・ガバナンス・人材(人のエコシステム)
  • ビジネスプロセス(オペレーション/カスタマーエコシステム)
  • ITプラットフォーム(テクノロジーエコシステム)

デジタル技術のアセスメントフレームワーク

デジタルデューデリジェンスでは対象会社の製品およびサービスをPwCのアセスメントフレームワークを用いて評価します。アセスメントフレームワークは案件ごとにカスタマイズしています。

要素技術の 概要

PwCのサービス

デジタルデューデリジェンスは開示資料からデジタル技術の活用状況やケイパビリティを抽出するにとどまらず、エキスパートへのインタビューなどの外部リソースを活用することで、より正確な評価を主要報告事項として提供します。

報告書作成の 進め方
主要 報告事項

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

荒井 慎吾

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

福田 健

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email