SAP SuccessFactors活用による人事戦略実現の支援

企業における人事戦略の意思決定を支援するために最新テクノロジーのトレンドを迅速かつ安価に利用する手段として、クラウド人事システムの活用が進んでいます。
SAP SuccessFactorsは、人事業務全般を網羅する人事システムです。発令などの人事データ管理や給与計算といった従来の人事給与システムの機能に加え、研修や評価、後継者計画などの機能をクラウド上で提供しています。

PwCは、企業の人事戦略とSAP SuccessFactorsの仕様を踏まえた上で、適切な人材データ管理の実現と活用すべき標準機能を見極めるだけでなく、標準機能だけでは実現できない企業のニーズに対して追加開発やRPA(Robotic Process Automation)による業務効率化、機械学習を活用した退職者の予測分析など最適なソリューション構成を提案し、企業における人事戦略の実現を支援します。

SAP SuccessFactorsの特長

人材データ管理/活用

  • 人材の獲得、配置、育成、評価、報酬など人事業務で発生する人材データを一貫して管理
  • 標準では充足できない企業固有の人材/組織のデータ管理項目を設定作業のみで追加可能
  • 一貫して管理された人材データをレポートツールにより可視化

グローバル対応

  • 給与、年末調整、社会保険など、日本を含めた各国固有の法制度に標準機能で対応
  • グローバル利用に対応した人事システムのため、標準で多言語対応が可能
  • クラウドシステムのため、インターネットにつながる環境であれば場所を問わず利用可能であり、在宅勤務などの柔軟な働き方に対応することが可能
  • モバイルデバイスからの利用も標準で対応可能

機能改善/新機能自動更新

  • 機能改善や新機能リリースが定期的かつ自動的に行われるため、継続的にトレンドに応じた標準機能が利用可能
  • 機械学習を利用し、社員の関心に基づいた研修コースを推奨するなど、最新テクノロジーに基づく標準機能も将来的に利用可能

拡張性

  • クラウド上の開発プラットフォーム(SAP Cloud Platform)を用いて、企業の細かなニーズに応じた機能の追加開発が可能

PwCのアプローチとサービス

PwCは、大規模人事システムの構想や導入をはじめ、SAP SuccessFactors導入経験を通じて蓄積したノウハウと実績のあるテンプレートを活用し、SAP SuccessFactorsを活用した効率的な人事システムの導入を支援します。

クラウド製品であるという理由だけで標準化を推進するのではなく、他社との差別化を図る人材施策、国内労働市場からの制約、企業特性に合わせた効率的なプロセスを策定します。変えてはいけないもの、変えられないものをしっかりと見極めた上で、SAP SuccessFactorsで実現できない企業の細かなニーズがあれば、SAP Cloud Platformによる追加開発やRPA、AIを活用した対応策を立案します。

また、SAP SuccessFactors単体の導入にとどまらず、SNSやチャットツールとの連携、メールやスケジューラのデータと組み合わせたピープルアナリティクスなどさまざまな先端ソリューションを併せて提供することで、人材マネジメントの高度化、従業員が組織の中で体験する経験価値(エンプロイーエクスペリエンス)のさらなる向上を支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

藤田 正人

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email