デジタルSCMプラットフォーム構築

労働人口の減少やグローバル競争の激化を背景にした生産性向上や競争力強化に向けて、ビジネスプロセスを根本から見直し、全社レベルのオペレーション改革を試みる企業が増えています。

オペレーションの根幹を支えるSCMプラットフォーム構築をデジタルトランスフォーメーションの実現手段と捉え、SCM・ERP・Digital領域の豊富な導入実績を包括的に活用し、オペレーション改革を実現します。

(1)デジタルを活用したSCMプラットフォーム構築

SCM全体のデジタルプラットフォーム整備によってオペレーションを革新的に変革する可能性が広がっています。PwCはデジタルトランフォーメーションの方法論、デジタルテクノロジーの豊富な導入経験をベースに、「デジタルSCMプラットフォーム構築」の取り組みを成功に導きます。

(2)ERP導入によるオペレーション改革

全社レベルのオペレーション改革に向け、オペレーションの根幹を支える基幹業務システム(ERP)の将来像を明確に描けている企業は多くはありません。PwCは、ERPを取り巻く2025年問題への対応をデジタルを活用したSCMオペレーション改革の契機と捉え、「with Digital」をキーワードにERPの導入・刷新を支援します。

(3)IoT、AIを組み合わせた生産計画の最適化例

従来の製造業では限られたデータ分析を基に個別領域のパフォーマンス最大化を目指していましたが、AI/IoTや5Gなどのデジタル技術を用いてバリューチェーンの垂直統合・水平統合を図ることで、企業横断的なオペレーション全体の最適化を実現します。

  • 内部の販売系・生産系データだけでなく、顧客情報などまで含めた外部データも組み合わせてAIで分析し、需要予測の精度を大きく向上
  • 工場のIoTデータ(不具合予兆、不良率予測など)と組み合わせることで、最適な生産計画を実現

(4)IoT、データレイクを組み合わせた品質不良・設備不具合の発生予測例

製造工程においてIoT活用を前提としたデータモデルを構築(加えて、データレイクを実装)することで、品質不良および設備不具合の発生予測のほか、先手を打った対応策の検討が可能となります。

プラットフォームのシステム観点での実現イメージ


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

朝比奈 健

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email