Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

伴走型AI人材育成プログラム

PwCコンサルティングは企業のAI・データ利活用を推進するため、伴走型の人材育成支援を行っています。

日本企業のAI・データ利活用における潮目の変化

日本企業のAI・データ利活用は、少数テーマのリサーチ・プランニング・概念実証(PoC)を行う「準備フェーズ」から、全社横断で複数のテーマを並行して実施する「実行フェーズ」へ移行しています。それに伴って、組織設計や人材育成においても新たな課題が生まれてきています(図1)。

図1 日本企業のAI・データ利活用における潮目の変化

AI・データ利活用における組織と人材育成上の課題

実行フェーズへと移行するにあたっては、AI・データ利活用による課題解決をリードできる人材を社内に確保しなければなりません。組織の階層別に実際に発生しているAI・データ利活用の課題(図2)に応じて、自社の課題解決を実践・リードできる即戦力になる人材を育成することが必要です。

図2 AI・データ利活用における組織と人材育成上の課題

PwCの伴走型人材育成支援プログラムの特長

本プログラムは、AI・データ利活用の人材育成におけるゴール設定、体験型ワークショップ開催、伴走型支援の実施の3つを特長としています。

図3 PwCの伴走型人材育成支援プログラムの特長

PwCの伴走型人材育成支援プログラムのアプローチ

本プログラムでは、ゴール設定から始まり、リテラシーから応用までの知識を得たうえで、最終的に自走できるように伴走支援を実施します(図4)。プログラム後半の伴走型支援フェーズでは、各役割に応じた進め方・着眼点・考え方などを実際のプロジェクトを通じて学ぶことができます(図5)。

図4 PwCの伴走型人材育成支援プログラムのアプローチ
図5 AI・データ利活用プロジェクトの伴走支援

{{filterContent.facetedTitle}}


{{filterContent.facetedTitle}}

主要メンバー

藤川 琢哉

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

三善 心平

パートナー, PwCコンサルティング合同会社

Email

河野 美香

ディレクター, PwCコンサルティング合同会社

Email

藤田 和聖

マネージャー, PwCコンサルティング合同会社

Email