Skip to content Skip to footer
Search

Loading Results

ファイナンスアナリティクス

グローバル化の進展に伴い企業は多岐にわたる外部環境の変化に適切に対応し、競争力を維持・強化する必要があります。ファイナンスアナリティクスは、業績における問題を迅速に把握するのみならず、将来の業績におけるシナリオ検討を通じて、全体最適の視点からの適切なアクションを実行し、企業の競争力の維持・向上の実現を支援します。

ファイナンスアナリティクスのサービスメニュー

PwCコンサルティング合同会社(PwC)は、財務会計、管理会計、ポートフォリオといった切り口から、カスタマーのファイナンスにかかわる課題を分析し、適切なサービスを提供します。

ファイナンスアナリティクスの適用領域

金融投資/融資部門

  • 金融ポートフォリオの適正化
  • ポート状態悪化の早期検知
  • 景況感の見える化

財務部門

  • 財務処理の省力化
  • 管理会計の高度化
  • 財務異常の事前予測

ソリューション事例1:財務異常の事前予測、案件単位の財務指標予実予測

従来、案件ごとの期首の予算と期末の実績の間には大きな乖離が発生することが常態化しており、予算値に対する経営層の信用度は著しく低下していました。このことは、予算の管理部門である財務部門の予算関連業務を著しく高負荷にする大きな要因の一つとなっていました。

提供ソリューション概要

目的

期末時点における予算と実績の差異を自動予測

概要/ロジック

過去の案件の属性情報(案件種別、担当PMなど)と財務指標(売上、損益など)の予算、実績値を基に差異の発生に対する影響度を数値化し、これらを元に、発生可能性の予測モデルを構築する

期待効果

  • 財務部門の予算関連業務に要する工数削減
  • 経営層の方針策定に資する判断材料の追加

過去の案件情報を基に財務指標の予実差発生を予測するモデルを構築します。これにより予実差が大きくなる可能性の高い案件を事前に把握し、適切なアクションを実施することが可能になります。

ソリューション事例2:融資ポートフォリオの適正化 ‐ 顧客セグメントの詳細化によるリスク適性化

従来、融資実施にともなうリスクは、顧客の案件単位ではなく、融資対象顧客の総和に対して評価されていました。そのため、個別の融資判断にリスク値が考慮されず、結果として、リスク実現量を増大させていました。

提供ソリューション概要

目的

ポートフォリオの状態変動をタイムリーに監視できる環境を構築

概要/ロジック

行内外の各種情報をダッシュボード化することでポートフォリオの変動を見える化し、特徴量の予測を可能とする

期待効果

  • 融資部門の施策立案にかかる工数の軽減
  • 融資案件のリスク判定力の精度向上と融資判断の適正化

リスク評価を各種マクロ情報を活用して新たに定義した顧客セグメント単位で行うことで、リスク評価の精度を向上させ、融資実施先の適切な判断につながります。