リスクアセスメントと管理態勢構築に係る支援サービス

競争激化やリスクインシデントの顕在化に端を発し、多くの組織において、経営におけるリスク認識やリスク管理の意識が高まってきています。PwCあらたは、規程やマニュアル整備にとどまらず、リスクカルチャー醸成の視点から、組織におけるリスク管理態勢高度化を支援します。

リスクカルチャー醸成に向けた6つの視点

リスクカルチャーを確立するためには、ソフトスキルや全社的方針およびツールに関する検討を含む、多面的なアプローチが必要です。また、マネジメントの姿勢、人材管理、評価・報酬制度といった、組織の価値観や従業員のインセンティブ付与に係る事項が、リスクカルチャーを支える基礎となっている必要があります。以下の6つの視点に着目することが、健全なカルチャーを維持・構築する上で極めて重要です。

リスクアセスメントと管理態勢構築の例

以下のチャートは、ある企業におけるリスクアセスメントと管理態勢構築に係る支援の事例です。現状把握からロードマップ策定まで、標準的期間となる約3~4カ月をかけて、リスクカルチャー醸成を支援します。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

辻 信行

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

田中 大介

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email