意識改革プロジェクト支援サービス

当事者意識の重要性

ひとたび不祥事や重大なインシデントが発生すると、その原因として「当事者意識の欠如」、「当事者意識の不足」といったことが常に語られます。当事者意識を持って行動するとは、「組織内外で生じる事象に対し、自身にも関連するものとして捉え、主体的に考え、行動すること」です。ルールやマニュアルを細かく整備しても、人は期待通りに行動するとは限りません。最終的に、一人ひとりのものの捉え方、考え方が重要となります。

当事者意識醸成に向けたステップ

当事者意識は、一般的には次の7段階を経て醸成されると考えられています。

意識改革に向けたアプローチ例

以下のフローチャートは、ある企業における意識改革プロジェクトの事例です。


{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}

主要メンバー

辻 信行

パートナー, PwCあらた有限責任監査法人

Email

田中 大介

ディレクター, PwCあらた有限責任監査法人

Email