海外財務ガバナンスサポート

Start adding items to your reading lists:
or
Save this item to:
This item has been saved to your reading list.

PwCあらた有限責任監査法人は、信頼できるビジネスアドバイザーとして、さまざまなシーンで広範囲・多面的に日本企業の財務ガバナンスにかかわるグローバルビジネス展開を支援します。

日本企業のグローバルビジネス展開の課題は?

日本企業が海外事業展開で直面する主な課題には以下のものがあり、日本企業はこれらの課題に対して、いかに適確かつ迅速に把握し、柔軟に対応することができるかが、今後の日本企業の持続可能な成長を達成する重要なキーとなります。

  • 熾烈なグローバル競争
  • 国境をまたぐシームレスな企業活動
  • 急速な事業規模拡大(特に新興国)
  • 海外進出国における複雑・不透明な投資規制・法律・税制
  • グローバルガバナンス体制(海外子会社管理、グローバル連結経営管理、グローバルベースでの監査)
  • 国際化する企業活動の管理機能を担う人材確保の困難性
  • 海外での特殊緊急事象発生による緊急対応プロジェクトチームの組成 など

また、日本企業が海外進出後に安定したオペレーションを推進するためには、財務報告体制を含め、安定した経営管理体制の地盤を確立することが重要です。そのためには、早期に課題を見つけ出し、適切な問題解決を図ることが不可欠です。

PwCあらた有限責任監査法人のアプローチ

PwCあらた有限責任監査法人は、日本企業の財務ガバナンスにかかわるグローバルビジネス展開の総合的窓口として 『グローバル支援室』 を設置しています。本支援室では、PwCあらた有限責任監査法人が『ワンストップ窓口』となって、海外事業展開を実施・検討している日本企業を広範囲・多面的にサポートします。

『ワンストップ窓口』は、PwCあらた有限責任監査法人が、日本企業本社におけるグローバルビジネス展開の実務上の課題に対して広範囲に支援するとともに、日本企業からの各依頼案件に関しては海外PwCへ展開し、海外PwCのデリバリーチームとの連携を図ることで、日本企業の現地法人における実務上の課題に対してもきめ細かく支援することを目的としています。
また、財務ガバナンス以外の業務であるM&Aや戦略策定支援案件についてはPwCアドバイザリー合同会社、税務案件についてはPwC税理士法人へ展開することにより、より専門性の高いサービスを提供します。

グローバル支援室(PwCあらた有限責任監査法人)

グローバル支援室(PwCあらた有限責任監査法人)は、『ワンストップ窓口』として、日本企業本社を広範囲に支援し、また、日本企業からの各依頼案件に関し、海外PwCへの展開、海外PwCのメンバーと混合チームを組成、また、海外PwCとの緊密な連携を図ることで、日本企業のグローバルビジネス展開を全面的、かつ、具体的にサポートします。

基本的な役割

  • 日本企業本社へのビジネス展開の課題に対する支援
  • 海外PwCへの作業スコープ・インストラクションの提示
  • 海外PwCのデリバリーのモニタリング
  • 日本から各国へのフライアウト(海外派遣)での業務提供
  • 各国PwCジャパンデスクによる、海外PwCプロフェッショナルとの緊密な連携

海外PwC(各国)

海外PwCは、現地ジャパンデスクと共に、各案件の現地デリバリーを実施します。

  • 海外各国(特に新興国)の現地法人の経営課題に基づく、仮説の設定、業務の提供機会の検討
  • 日本人専門家による会計アドバイザリー関連サービスの提供
  • 海外PwCのデータベースの利用

 

【PwCの日本企業のグローバルビジネス展開の支援体制】

【PwCの日本企業のグローバルビジネス展開の支援体制】

サービス内容

PwCあらた有限責任監査法人では、PwCのネットワークと連携し、以下のサービスを通じて海外現地法人および日本企業本社における実務上の課題に対して、きめ細かく支援しています。

  • グローバルベースでの監査
  • 海外事業の内部監査支援
  • 財務報告、システム、業務プロセスに関する診断
  • 各種アドバイザリー業務(IFRS導入支援、GAAPコンバージョン業務、決算期統一・早期化支援、内部統制の最適化支援、海外子会社管理支援、グローバル連結経営管理支援)など

海外進出における課題を解決するために、私どもPwCあらた有限責任監査法人が重視しているのは、PwCグローバルの知見を生かした提案力や解決力です。会計、監査やシステムを含めた内部統制など、各分野における専門性に加え、各企業のビジネスに対する幅広い慧眼力(Acumen)が極めて重要であると考えています。私どもは、常に、日本企業にとってのTrusted Business Advisorでなければならないと考えています。PwCあらた有限責任監査法人では、毎年40名を超える公認会計士を海外に継続的に派遣しており、法人全体が国際業務部門として機能しています。

また、PwCあらた有限責任監査法人は、日本企業の海外事業の各成長段階において、財務全般を含む日本企業のニーズに的確に応じた、以下の各種サービスを提供します。その際には、海外各国での経験・知見(各国の会計、税務、法令、商慣習に精通した人材)を生かし、また、海外ネットワークを利用した迅速な問題解決を図ることにより、グローバルビジネス展開する日本企業に対して監査およびアシュアランス・税務・コンサルティング・ディールアドバイザリーの連携によるワンストップソリューションを提供します。

 

【企業の各成長段階に応じたグローバルビジネス展開支援業務の例示】
 

【企業の各成長段階に応じた、グローバルビジネス展開支援業務の例示】

PwCの専門性

PwCは、各サービスライン、各メンバーファームが緊密な連携のもと、日本企業に最大限のバリューを提供し、また、日本企業の要望に常に高いクオリティーでサポートを提供します。

海外ビジネスエキスパートとしての知見

PwCは長年にわたって日本企業の海外進出支援に関して助言を行っており、日本企業の海外に関する私どもの豊富な経験および蓄積された知見は、貴社に有益な成果をもたらすでしょう。常に各領域のプロフェッショナルでチームを編成し、事実に基づく実務的なソリューションを提供します。

One Firmとしてワンストップによるトータルサービス体制

PwC Japanグループの各法人はPwCグローバルネットワークのメンバーファームまたはその関連会社であり、それぞれ別法人として業務を行っています。複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、監査およびアシュアランス、コンサルティング、ディールアドバイザリー、そして税務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。日本や世界の企業が国際競争を勝ち抜いていくために、PwCのグローバルネットワークを活用し、広範囲なプロフェッショナルサービスをワンストップで提供します。
また、海外財務ガバナンスサポート業務については、以下の3つの組織が連携してサービスを提供します。

  • PwCあらた有限責任監査法人 『グローバル支援室』
  • PwC税理士法人 『カントリーデスク』
  • PwCコンサルティング合同会社 『新興国展開戦略支援室』

コミュニケーション

クライアントに対して業務を提供する際に、チーム内での情報共有とクライアントへのアップデートをタイムリーに行い、業務の効率性と効果を高めます。クライアントの有する情報と私どもの有する情報の相互レバレッジを常に意識し、付加価値の高い業務を提供します。

成長市場フレームワーク

PwCは、以下の成長市場フレームワークを用いて、クライアントの海外進出・事業展開ニーズを的確に評価・優先順位づけすることにより、成長市場での各成長段階においてクライアントを適切にナビゲートします。

成長市場フレームワーク

最新情報

Contact us

Follow us