ピープルアナリティクスサーベイ 2019調査結果:さらなる進化を遂げる人材データ分析

2020-04-30

日本企業236社を対象に、人材データ分析の活用に関する成熟度や取り組みの現状、さらなる活用の課題などについて、ProFuture株式会社と協同調査を行い、その結果を取りまとめました。

今回の調査、および過去に実施した「人材データの分析活用度調査」における回答結果から、人材データ分析に関する取り組みを既に予定/実施している企業の割合は2016年と比較して7ポイント、従業員5,000名以上の企業に限れば21ポイント増えており、大企業を中心として人材データ分析の活用の流れが着実に広がっている様子がうかがえます。

また、人材データ分析における活用データの現状、および将来の展望に関する回答結果からは、人事システムで管理する基本的な人事データだけでなく、より広範なデータを活用しようとする各企業の姿勢が見てとれるとともに、先進企業ほどその傾向は強いことが明らかになりました。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}