非財務情報のマネジメント―先進事例から紐解く企業価値創造に向けた取り組み―

2020-07-31

近年、企業の非財務情報や無形資産への関心が高まってきています。非財務情報は、社会からの期待・要請に応えて社会からの信頼を醸成するため、そして中長期的な価値創造に関する投資家やステークホルダーとのコミュニケーションのために不可欠であり、意思決定の仕組みに組み込み、有効に活用すべき要素です。

非財務情報の開示要求が高まるなか、データ収集やメトリクスの検討が負担になっているという声も増えています。しかし、自社にとってなぜ非財務情報が重要なのか、将来の企業価値の創造もしくは毀損にどのように影響しうるかといった観点で非財務情報を捉え、マネジメント・活用の方法を戦略的に検討していくことが、今後ますます重要になると考えています。

PwCでは、非財務情報のマネジメントに先進的に取り組んでいる海外企業を対象として、非財務要素をどのように計測・価値評価して経営管理に活かしているかについて、包括的な調査・分析を実施しました。本レポートではその結果から得られた、長期的な価値創造における非財務情報の重要性や有効な活用方法、今後の動向についての示唆を提示します。

{{filterContent.facetedTitle}}

{{contentList.dataService.numberHits}} {{contentList.dataService.numberHits == 1 ? 'result' : 'results'}}
{{contentList.loadingText}}